2009年02月13日

Rタイプ 緊急避難所(実射編)

※前回に引き続き、今回も通常のブログとは関係ありません!
  タッキさんとの連絡用ですよぉ~♪



さてさて、

組み込むと、フロントフェイスはこんな感じですよ。
ありゃ?スライドが完全に戻りきってないなぁ~
(ロンリコがちょっと奥まっているので・・・)


ブッシングが厚めのビューロー用なので、

アウターバレルの飛び出しは、ちょっとですね。


しかし、
スライドを引いてみると・・・、

キレイにポリッシュされたガンブルーのアウターバレルが、
ニョキッと出てきますよぉ~
カッコいいわぁ♪


さてさて、それでは実射です。

試射方法は、昨年と一緒です。


距 離       5m(室内)
 姿 勢       立射・両手保持(スタンドは使用せず)
 使用マガジン  15連マガジン(シルバーのバルブ)
 使用弾      KSC グランドチャンピオン弾(0.29g)
 狙 点       中央
 所要時間     1秒間に1発のペース

こんな感じで5発、撃ちます。


結果はどうでしょうか?

ターゲットペーパーの紙の破れたところの端と端を測ると、
28mmでしたぁ。
練習なしの一発勝負でしたが、久しぶりに撃ったわりには
まぁまぁではないでしょうかね。1発は同じところを貫通
してるし。

この間、テッポウ撃ったのいつだったかなぁ?
思い出した!あの後チープガン世界選手権でチープガン
撃って以来、全く撃ってなかったぁ~


こちらは、

イスの背もたれをスタンド代わりに両手を固定して
撃ってみました。21mmでした。
こちらも1発は同じところを貫通です。
う~ん、両手保持の時とそんなに変わらないかなぁ?
もっとちゃんと狙えばよかった・・・。


しかし、
立射・両手保持の時の弾のバラつきが昨年よりも少なく
なっていますね。スライド閉鎖時においてのバレルの
ガタの無さと、ブローバックの遅延効果によって、リコイル
の影響をあまり受けてないような感じです。
WA独特のリコイルは殺さず、集弾性を上げる、この一見
相反するような撃ち応えを再現する効果は出ていると
思われますが、いかがでしょうかね?

今回みたいに流し撃ちではなく、ダットサイトとかを付けて
よ~く狙って撃てば、さらにまとまりはよくなるでしょう。

あ~、しかし、ダットサイト、持ってなかった・・・。

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)カスタムパーツ

< 2009年02>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ