2008年06月08日

『大五郎』(編集後記)

『アンリミテッド』、無事に終わりました・・・、

が、私にとってはこの「大五郎」を無事に組み上げたとこで
(タッキさんのところでも、特集して頂いております♪)
ほぼ、アンリミは終わったと言ってもいいかもしれません。
あ~でもない、こ~でもないと色々考えましたので。


なかでも、

一番頭を悩ませたのが、コンプの固定方法ですかね。フル
カバーのフレームで、WAのプロキラー3.9や、マルイ用の
アキュコンプなどでしたら、インナーバレル、コンプ、フレーム
をガッチリと固定できるのですが、シングルスタックの普通の
フレームでは、固定がしっかりとできません。
そこで、シングルフレームでもインナーバレルの固定が出来る
ように、ショートリコイルを無くして、インナーバレル、コンプ、
ロンリコでの固定を思いつきました。


なので、

子連れコンプは、ロンリコに穴が開いていて、コンプを固定
しているのであります。
しかしですね、ちゃんとした道具を持っていない私は、固い
素材であるステンレス製のロンリコに穴を開けることなど
出来ませ~ん。しかも、ただ穴をあければいいわけではなく、
コンプのセンター出しなどもあるので、加工するのであれば
本体ごと持ち込んでの加工となります。


そこで、

ご覧のような穴あけ加工をして頂きました。ミリブロでも
お馴染みの「秘密工房☆ホビース商会」の「くまおやぶん」
さんです。(ありがとうございました♪)
以前にも、グリップの裏側の加工をして頂いております。
お世話になってま~す。


通常のショートリコイルするモデルであれば、

スライドが下がると、バレルが傾いて上を向くので、ロンリコと
コンプが干渉しないように、コンプの下に、ロンリコの逃げの
溝が彫ってあります(ちょっとだけですけど)


ところが、

子連れコンプはショートリコイルしないので、そのままコンプと
ロンリコを取り付けてしまうと、コンプとロンリコが平行でない
まま固定されてしまいます。
なので、このようにコンプに溝を彫って頂きました。


こんな感じで、

ロンリコに合わせたアールに溝が彫ってあります。


この溝に、

ロンリコがピッタリと合って、


コンプと、

ロンリコがしっかりと固定されます。


ウィルソンコンプ+コマンダースライドの長さだと、

ジャスト!6インチのサイズになりました。


なので、

TED BLOCKERSのホルスターにもピッタリなのですね♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(6)リミテッドGUN

2008年05月30日

どれにしようかなぁ~?

一応、「大五郎」は完成したのですが、
どんなバージョンにしようか、悩んでいます。


例えばコチラ、

虚空さんが、「大五郎」を作ったとしたらの、「虚空バージョン」
シルバーフレームでありながら、パーツ類には黒いパーツを
多用して、クールでシャープな虚空さんらしさを演出。


ウィルソンコンプがベースになっているので、

ウィルソンのグリップを付けてみました♪


一方、コチラは、

ホルスターの雰囲気に合わせた、「クラシックバージョン」
パーツは全てシルバーで統一しました。


リングハンマーにしてみたり、

サファリランドのターゲットグリップで懐かしさを出してみました。

どんな感じにしようか悩みます・・・


コレで行くことにしましたぁ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)リミテッドGUN

2008年05月29日

子連れコンプ『大五郎』

おかげ様で、無事に子連れコンプ『大五郎』が完成致しました♪

なので、スタンドに飾ってみる(スタンドはKOWさん作です♪)


コンプ以外のカスタム箇所としたら、

ウィルソンSGのバレルと長さがいっしょだったので、この
PDIのバレルにしてみました。


HOPの切り欠きがノーマルと比べて浅いので、

強いHOPがかかりにくくなっています。
また、表面が特殊な「パルソナイト」という処理がされていて、
弾の通りもスムーズです。


さらに、

チャンバーパッキンには、「WAパッキン」を装着。


インナーシャーシでの、バレルのガタをなくすため、

ここと、


ここに、

プラ板を接着。(プラ板と言っても、PDIのバレルの
パッケージですが・・・)


これにより、

コンプセットの左右のガタはなくなりました。


ご覧のように、

インナーバレル、フレーム、ロンリコが平行になっています。


故に、

上下左右のガタもなく、センター出しがちゃんとできています。



スライド後部のレールにも、

「カグスベ~ル」を貼って、


スライドとフレームの、

すき間をなくしました。


スライドを取り付けると、

こんなですよ~。アウターバレルをくっ付けて、


チャンバーカバー付ければ完成ですね。

このままの状態でも撃てますが・・・。


次回で完成?・・・
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)リミテッドGUN

2008年05月28日

色~んな子、いまっせ♪

「あっ!」

「お客さ~ん♪、ちょっと寄ってかない?」

「いい子(ロンリ子)揃ってるよぉ~♪」

「え!?」

「一番小さい子(短い)?」

「ありゃ、ダメダメぇ~、小さすぎる(短すぎる)から、
 お客さん捕まっちゃうよ」

「だったら、並べるなって?」

「見るだけなら、罪にならないからねぇ~」

「うちで一番人気のV10子ちゃんだし」


「ん、じゃぁ、コレいっとく?」

「コマンダーサイズだよ」


「おお~!」

「面イチだし、ぴったりじゃないですか!」

「え?、見た目はいいけど、コンプがズレるのを防いでくれない?」

「やっぱり、同い年はだめかね~」


「じゃ、コイツはどうだい?」

「5インチ、フルサイズだよ」


「さすが、年上だけあって、

お客さんを支えてくれているじゃないか」

「え?まだ足りない?」

「お客さんわがままだね~」


「じゃあ、もうこれしかいないよ、うちには」

「6インチようだよ、この子」


「おおぉ~!!」

「このテクはスゴい!」

「お客さんをしっかりと銜えて、放さないじゃないですか!」

「これに決まりですね?」

「毎度あり~~!」



・・・、こんな感じでですね、
完全に固定されていない、コンプのズレを防ぐために、長い
ロンリ子でコンプを支えることにしました。
これで、スライド側は完成です♪


次はフレームですね♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)リミテッドGUN

2008年05月27日

頼る前に頭を使え!

あぁ~、タイトル↑は、虚空さんのところからのパクリです♪


さてさて、5インチにコンプだと、ホルスターからはみ出るは、
短いコマンダーサイズのスライドにウィルソンコンプは付か
ないは、かと言って、タッキさんに頼るのも、申し訳ないはで、
受難続きの子連れでした。

「なんとかならないかなぁ~?」

お金はないけど、考える(アイデア)ことはいくら使ってもタダ
なので、な~んか思い浮かぶはずです。
だいたい、タッキさんとskypeでなにげな~くお話していると、
とんでもないアイデアがでてきたり、閃いたりするんですけど
ねぇ~。

「!」

「ピィキ~~~~~~~~~~ンn!」
(あ、コレ↑ニュータイプの音ね)


「みえる、見えるよ、ララァ・・・」

「ぼくにも見える・・・」


・・・、という訳でアイデアの神様が降りてきたのでありました。

ホレ、

こんな感じでちゃんと短いスライドにコンプが付きましたよ。


どうやったかって?
では、大会当日まで、残り時間も少ないので一気にイっちゃい
ますね♪(あんまりじらすと、さんじさんがイっちゃいそうです
ので・・・)


ウィルソンコンプには、

このような、整流スリーブが付いていて、


コンプ内では、

タイトに収まっています。


しかも、

下からイモねじでしっかりと固定されています。


インナーバレルに、

テープを巻いて、


スリーブを、

取り付けます。ユルユルではなく、かなり強固な固定になる
ように、はめる時はキツイです。


後は、

スリーブ付きのインナーバレルをコンプに取り付けて、イモ
ねじで固定すれば完成です!








「えっ!?」
アウターバレルと、チャンバーカバーはどうしたかって?
あんなのは飾りです。お偉方さんには分からんのですよ・・・


アウターバレルは、

コンプに、ねじ込んで、


このように、

なってます。


一方、チャンバーカバーは、

インナーバレルに、


普通に、

取り付けて、


アシストスプリングを、

付けて、


その上から、

スリーブをはめます。


スリーブを、

イモねじでコンプに固定すれば完成です!


わかります?
つまり、アウターバレルとチャンバーカバーは固定されておらず、


スライドの動きに合わせて、

チャンバーカバーだけが、


アシストスプリングで、

「ピョコピョコ」と動くだけなんです。


どうでしょうかね?
実銃の世界ではバレル(アウター)とチャンバー(カバー)は、
一体になっているので、インナーバレルがある、エアガン
ならではの固定方法になってしまいましたが・・・。


でも、これで、完成か?

というはけでもないんですねぇ。


インナーバレルが、ちゃんと固定されているわけではないので、

コンプをつかんで動かすと、簡単にセンターがズレてしまいます。


続く・・・  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)リミテッドGUN

2008年05月26日

コンプの受難

ノーマルの5インチスライドにコンプを付けると、ホルスター
からはみ出てしまいました。

かといって、コマンダーサイズのスライドにコンプを付けても、
このように、長すぎて取り付け出来ません。


ウィルソンコンプの造りは特殊なチャンバーカバー形状を
していまして、

チャンバーと一体形状になっている、バレル?が特徴です。


一体形状のチャンバーと、

コンプの溝を合わせて、


アウターバレルをねじ込んで、

固定する方法をとっています。


要は、

こんな感じのパーツ構成で、通常のチャンバーカバーを
使うようにすればいいわけですね。


例えばですよ、

タッキさんに頼んで、このようなコマンダーサイズのアウター
バレルを製作してもらえばいいわけですね。


コンプ側に、

ネジを切って、コンプを固定。


チャンバー側も、

ネジを切って、コンプのセンターが出るように、チャンバー
カバーに固定。


こうすれば、

(画像はあくまでも、こうなればの見本ですが)
コマンダーサイズのスライドでも、ウィルソンのコンプが、
使えるわけですね。


・・・、

しかしですね、
タッキさんもいつもお忙しい身、色々やらなきゃいけない事が
おっぱい、いっぱいで、なかなか頼みづらいですよ・・・。
いつも、タッキさんにおんぶに抱っこだし。

そんなわけで、しばらくウィルソンコンプとにらめっこしていた、
子連れでした。
続く・・・


あっ、アイデアが!「ピィキ~~~~~~~~~~ンn!」
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)リミテッドGUN

2008年05月25日

コンプ付けてみた・・・が、

タッキさん製作の、ちーちゃんさんのレースガンにも
やっぱりコンプが付いています。ちなみに銃の名前は、
『小次郎』というんだそうです。
いいなぁ~、カッチョええなぁ~。
やっぱり、レースGUNといったら、コンプですかね?

と、言うわけで、

私もコンプ付けてみましたよ。


こちら、

ウィルソンSGのコンプ一式になりますね。


スライドから、コンプへと、

集光サイトを移植すれば、完成です!


さっそく、

ホルスターへと差してみます。


んっ?

ちょっと、待てよ・・・、


やっぱりぃ~!

6インチ用のホルスターなので、コンプ部分が飛び出ちゃい
ました!
これじゃぁ~、ダメだぁ~。カッコ悪いし、安全じゃないし・・・。
これは、コンプ付けるな、ということなんでしょうか?
ここから、私のコンプの受難がはじまるのでありました・・・。


 ※WA用のカスタムパーツのモニター募集中です!
  詳しくはコチラ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)リミテッドGUN

2008年05月24日

ABS製フレーム

スライドのお次は、フレームですね。


フレームも軽量化のため、ABS製にしました。

こちら、「ミルズガバ」のフレームになります。ホルスターの
クラシックな雰囲気に合わせて、昔のカスタムGUNにはよく
あった、角型トリガーガードのフレームを選びました。


その、

フレームはインナーシャーシをRタイプのものに交換し、ハイ
スペックのスライドを動かせるよう、ロング・ファイヤリング・ピン
を使用します。


で、
Rタイプのハンマーは、

「バックアップ」さんのデルタハンマーになります。


ハウジングは、

ハイキャパ用でABS製です。


トリガーは、

クラシックな角型トリガーガードに合わせて、3ホールではなく、
PDIのフラットタイプにしてみました。


全てのパーツを組み込んで、

最後に取り付けたグリップは、キムアーレンズのビューロー
グリップです。


そして、

完成したフレームに、


スライドを乗せれば、

出来上がりです♪


どちらも、マガジン抜きで500g前後になりましたが、軽いの
はいいことなのですが、実際に撃ってみると、フロント部分が
軽過ぎて、サイティングの時に「ピタッ」っと照準があいません。
ただ、単に軽くすればいいわけでもないみたいですね・・・。
パッと見もあまりインパクトないし、どうしよっかなぁ~?


よし!、アレを付けてみよう♪


 ※WA用のカスタムパーツのモニター募集中です!
  詳しくはコチラ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(3)リミテッドGUN

2008年05月23日

ABS製スライド

ABSスライドでも、V10はダメ、コマンダーもダメでした。
最初からおとなしく、フルサイズの5インチで行けばよかった
んですねぇ。

5インチのABS製スライドだと、候補が2本あります。
ひとつはコチラ、

「ウィルソン ハイキャパシティー リミテッドエディション」
スライドです。


フロントサイトは、

集光アクリルサイトでターゲットを捉えやすくなっています。


リアサイトも、

ボーマーサイトですので、着弾調整も可能です。


そして、

ジュラルミンブリーチのおかげで、軽量化も達成しています。



もうひとつの候補はこちら、

Jアーモリーのミルスペックのスライドです。


こちらは、

「タッキ」さんに製作して頂いた、ディレードショートリコイルメカ
が搭載されていて、驚きの集弾性が魅力です。


しかし、

リアサイトの溝がノーマルのガバのサイト用なので、リア
サイトを交換したとしても、せいぜいノバックタイプで、着弾
の調整は出来ません。


ところが、

このハイスペックエンジンは、ビックリドッキリメカの、WA用
負圧バルブ、「負WAつバルブ」搭載ですので、WA特有の
重いリコイルが軽くなります。


さて、どちらのスライドがいいでしょうかねぇ~?



次はフレームですね♪


 ※WA用のカスタムパーツのモニター募集中です!
  詳しくはコチラ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)リミテッドGUN

2008年05月22日

コマンダーはどうだろうか?

前回、短すぎてホルスターにちゃんと保持できなかったV10
でした。ならば!と、今回はコマンダーのスライドですよ♪

こちらもABS製なので、

重さは30g。軽いですねぇ~。


よぉ~し、コマンダーサイズならいけるかな?

試しに、MEUコマンダー用意してみました。


このホルスターに、

MEUは似合いませんけどね・・・。


どうでしょう?

とりあえず、保持はしておりますが・・・、


う~ん、

フロントの先っちょ部分だけですねぇ。

「先っちょだけだから、ね、ねっ!お願い!」

「ダメだよぉ~、ちゃんとしっかり取り付けないと」

ちょっとアブナイなぁ・・・。(色んな意味で・・・)


やっぱり、5インチかなぁ?・・・


 ※WA用のカスタムパーツのモニター募集中です!
  詳しくはコチラ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(6)リミテッドGUN

2008年05月21日

最速スライド

さてさて、
リグ類が完成したので、やっとこ銃本体作りに入ります。

スピードシューティングなので、ABS製の軽いスライドを使用
しようと思っているのですが、うちにある、WAのガバメントの
スライドの中で、1番軽いものを出してみました。

それがコチラ、

V10はV10でもMGCのメッキスライドのものです。
重さはわずか、24g!驚異的な軽さです。


ご覧のような、

ジュラルミン製のブリーチを組めば、


なんと!、

ブリーチ込でもたったの56gです。う~ん、軽い・・・。


スライドのセットはこんな感じです。

インナーバレルは、Ver.3の固定HOPのバレルにしてますし、
スムーズなスライドアクションのため、長いものを短く切った
ロンリコ仕様にしています。


このスライドを、

チャンピオンのフレームに組むとこのようになります♪
スライドは軽いが、フレームはフルサイズのマガジンが使え、
しっかりとグリップ出来ます。
バッファースプリングをロンリコに組み込んで、スライドストップ
がかからないようにすれば、まさに、高速ブローバックです!


さて、

ホルスターに差してみましたよ。黒いホルスターにシルバーの
GUNが栄えますねぇ~。


んが、しかぁ~し!

スライドが短すぎて、まったくGUNを保持できません・・・。
これではイカンですなぁ~。せっかくの最速スライドなのに・・・。

ダメだこりゃ・・・


じゃあ、コマンダーは?・・・


 ※WA用のカスタムパーツのモニター募集中です!
  詳しくはコチラ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(11)リミテッドGUN

< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ