2008年12月24日

WAの不思議を検証する(取扱説明書)

今回は、ちょっと番外編です♪
WAの不思議を検証するこのシリーズ、(果して続くのか?)

第一回は、「取扱説明書」です。


「Give&Take!」のnaru.さんのところで、ちょっと話題になって
いたので、ネタにしてみました。

これがその問題の「2005年12月現在」の取説。


なんでも、この「2005年12月現在」の取説だけが、他の物と
比べると、小さいんだそうですよ。

ほんとですね!何ででしょう?
その謎を解くカギは、「2005年12月」という年代にありました。


さて、

黒箱でも、茶箱でも、SCWのガバの箱はこのようになっていて
中は白い発泡スチロールになっています。
(中身のガバはとりあえず関係ありませ~ん♪)


んで、

「2005年12月」というのは、WAにとっても歴史的な1ページを
綴った時期でもあるのです。


そうです、

「マグナテック」の発売です。マグナテックの良し悪しについては
ここでは触れませんが、WAに変革をもたらしたのは確かです。


マグナテックの箱を開けるとこのようになっていました。

グレーの発泡スチロールになっていますね。
(必用なパーツだけ取られて、ガワだけになっていますが)


この発泡スチロール、

よく見ると、縁取りの部分が凹んで、1段低くなっているのが
分かりますでしょうか?


普通の取説だと、

このように発泡スチロールの上に乗るだけなのですが、


「2005年12月現在」の取説だと、

なんと!

この縁取りにピッタリと収まるのです!


つまり、

他のものよりも小さい「2005年12月現在」の取説はこの
マグナテック用のものということですね♪
(テック版のオフィサーズとGSRも、これと同じ小さい取説&
グレーの発泡スチロールの仕様でした)

なので、テック用の取説が余ったのかどうなのかは分かりま
せんが、他のモデルの取説として流出したのではないでしょ
うか?


ちなみに、

WAのターゲットペーパーも縁取りにぴったりとフィット。
つまり、取説&ターゲットペーパー&ASGKの組合のお知らせ
の紙が全部同じ大きさで出来ているんですね♪

それと余談なのですが、
台湾製の「KWC」というメーカーがあるのですが、ここが出し
ているガスブロのガバが、このマグナテックとまったく同じ形状
のグレーの発泡スチロールを使用していますです。
(箱を作っている工場とかが一緒なのでしょうか?)


これで、naru.さんをはじめ、hideさん、飛梅さん、あじゃさんも
スッキリ!今夜はグッスリと眠れますね♪


ではでは、

またぁ~♪
(って、次回はあるのだろうか・・・?)



  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)WA 分解

2008年04月04日

さんじさんWA購入おめでとう企画

※本日は予定を変更してお送りします♪

さてさて、
「さんじのハンドガン」「さんじ」さん、この度初めてWAの
製品を購入されたそうです♪ ワ~ィ!おめでとうございます!

しかも、購入されたガバは私も大好きなMEUですよぉ~


さんじさん、初めてのWAで、Ver.2とVer.3の違いが分か
らないとの事ですので、どこら辺が違うのかご紹介したい
と思います。


とりあえず、

インナーバレル、並べてみました。
上から、
 Rタイプ(可変HOP)
 Ver.2 (可変HOP)
 Ver.3 (固定HOP)、になります。


Ver.2とVer.3はパッと見は同じようなのですが、

ここのシルバーの部分が違うので目印になります。


内部はこんな感じです。

Ver.2はチャンバーの後ろからレンチでHOPの調整をします。
分解すると、小さなボールベアリングとスプリングを無くしやす
いので、ご注意下さいね。


Ver.3は固定HOPの弾をくわえる部分の保持力が弱いので、

フローティングバルブの羽が弾を押し出してしまわないよう、
フローティングバルブのスプリングもテンションの弱いものを
使用しています。


ハンマーも違いますね。

向かって左がVer.2、右がVer.3になります。
マガジンのバルブを叩く、ファイヤリングプレートの形状が違い
ます。Ver.3は面積が広く強化された形状になっています。


ここで、
互換性の問題が出てくるのですが、Ver.2のファイヤリング
プレートはVer.3のガバに組むことが出来ますが、Ver.3の
ファイヤリングプレートをVer.2に組むことは出来ません。


これは、

シアーやディスコネクターの形状が違い、Ver.3のファイヤ
リングプレートが干渉して入らないからなんです。


このように、

シアースプリングの形状も違います。
Ver.3のシアースプリングは、Ver.2だけでなく、Rタイプの
ガバにも取り付け可能です。スプリングのテンションが、
弱いのでトリガーの引きが軽くなります。


・・・、とまぁ

こんな感じでしょうか?

分からない事があれば、私の分かる範囲でお答えしますが、
ぜひタッキさんのHP、「WAガバメントしかもRタイプ マグナ
ブローバックを徹底解剖・徹底攻略」
を覗いて見て下さい。
掲示板もありますので、タッキさんをはじめ、皆さんが優しく
質問に答えてくれますよぉ~♪

これで、さんじさんも「チームRタイプ」の仲間入りですね!

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)WA 分解

2008年03月07日

WAガバ ブリーチの外し方

さてさて、
WAのV10のカスタムに参りますが、

まずはスライド側から、いきますよぉ~。


と、その前に、

スライドからブリーチを外さなくてはいけません。Rタイプの頃は
ブリーチがネジ止めだったので、ネジを緩めて外すだけでよか
ったのですが、SCW(ハイスペック)になってからは、プラスチ
ックの弾性でもって、ブリーチを「パチンッ!」とはめ込むタイプに
と変わりました。メーカーとしては、部品を少なくすることと、組み
立てやすさ、というのは目指すところなのでしょうが、ユーザーに
とってはどうでしょうか?

と、言いますのは、
このブリーチの固定がけっこう硬くて、特にHW製のスライドだと
かなり外すのが辛いです。なので、ちょっとブリーチの外し方を
ご紹介です。(そんなの知ってるモン!て方は、スルーしてね♪)


まず、

スライドをこのように持って、両手でスライドを外側に開くように
引っ張り、


引っ張りながら、

エンジンのノズルの部分を押して下さい。かなりの力でスライド
を広げないと、押し出すことができません。


ちょっとだけ、動きました?

これくらい(スライドのレールの溝の部分から外れるくらい)、
ブリーチの部分が顔を出せばOKです。


スライドを後ろから見て下さい。

コレくらいのすき間が、スライドとブリーチの間に空いてますで
しょうか?


このすき間に、

マイナスドライバーを差し込みます。なるべく、大きいサイズの
ものが楽でいいでしょうね。


差し込んだら、

てこの原理で、よいしょっと、ブリーチの後ろ側を押し出して
下さい。


後ろ側、

コレくらいスライドから外れましたでしょうか?


ここまでくれば、

あとは簡単です。指でブリーチの後ろ側を下に押し出せば、


ブリーチはここまで出てきますよぉ~。



 ※追記:

 WA渋谷店に行った時に聞いた、外し方もあります。
 (WA公認でいいですかね?)


 その方法とは・・・


 ある道具を使うんですが・・・


 それがなんと・・・


 使う道具は、なんと!ドライヤーです!
 このドライヤーで、スライドを温めて、スライドを柔らかくして
 外すと言うのです!(ま、マジっすか~!)

 スライドのブリーチがハマっている後部をドライヤーで
 熱くします。どれくらい熱くするかというと、手で触って、
 「熱っ!」っていうくらい熱くします。

 そうするとスライドが柔らかくなり、ちょっとの力でスライド
 が広がり、あれだけキツかったブリーチがうそのように
 スルッ~と外れます。

 ブリーチを外したスライドは、そのまま放置しておくと、
 冷めて、元の硬さに戻ります。熱して広げたからと言って
 スライドが広がった状態で固まる、ということもありません。
 いやぁ~、今まで渾身の力を込めてスライドを広げていた
 のがうそのようです♪(スライド割ったこともありますし・・・)

 ドライヤーを使った方が、力技を使うことなく、
 無事にブリーチが外れましたので、コチラの方法をお勧めします♪




ちなみに、これと同じくらいしんどい、フレームからシャーシを
外す方法はこちらになります♪



  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)WA 分解

< 2017年09月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ