2008年04月30日

誕生日

・・・、と言っても私ではありません。
“子連れの子”の話です。

早いもので、もう5才になりました。
子供が出来てからは、1年1年が早く感じられるのですが、
気のせいでしょうかね?

1年でうちの子のおもちゃのてっぽうもこんなに増えました。


なかでも、今1番のお気に入りは・・・、

やっぱりTVの影響なのでしょうね、特撮ヒーローものの銃が
お気に入りです♪(いっちょ前にポーズなんかとっています)


撮影だから、

銃口こちらに向けていますが、普段は人に向けてないだろう
なぁ~?(もし、向けている所見たら、ブッとばす!)  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(14)コラム

2008年04月29日

バレルブッシング

今日は、

バレルブッシングですよぉ。


ノーマルの、

亜鉛製から、


「PDI」の、

ステンレス削り出しに換えました。


このままですと、シルバーで浮いてしまうので、

「インディー」の「メタルパーカ」で塗装しました。


こんな感じですよぉ。

黒でも、グレーでもなく、ほんのり青みがかった黒です。


さてさて、

本日は、930g・・・。


 人類滅亡まであと、

 実銃の重さまであと、200g・・・。  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)ガバ重量化計画

2008年04月28日

リコイルスプリングガイド

本日のメニューは、

リコイルスプリングガイドです。


こちらは、

純正。


そして、組むのは、

「PDI」製、


重さだけでなく、

長さも長くなっていて、スプリングがたわみにくくなっています。


さて、

本日は、927g・・・。


人類滅亡まであと、

 実銃の重さまであと、203g・・・。  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)ガバ重量化計画

2008年04月27日

プラグ

さてさて、
リコイルスプリングプラグなのですが、
昔は、実銃と同じようにストレートだったのですが、

いつの間にか、このような「つば付き」に変わっていましたね。


ノーマル、



「つば付き」、

ちょっと、重くなりましたね。


しかし、

同じ「つば付き」でも、2種類あるんです。
見た目は同じなのですが、


どこが違うかといいますと、

片方はプラグの内部がかさ上げされて、短くなっています。
なので、画像のように普通のリコイルスプリングガイドは最後
まで入りません。MEUやマーサックなどのモデルから使用
されるようになりましたね、このプラグ。


スライドも、

この位置までしか下がりません。
でも、ちゃんとブローバックはしますので、安心です。


しかし、

かなり重量UPにはなりましたよ。


さて、

本日は、922g・・・。


人類滅亡まであと、

 実銃の重さまであと、208g・・・。  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(8)ガバ重量化計画

2008年04月26日

アウターバレル

アウターバレルですよぉ♪

どこ探しても、ノーマル5インチのカスタムバレルはありません
でしたので、みんなWA純正のバレルです。


比べると、

初期のものは切り欠きが大きく、バレルの長さも短いですね。


しかし、

ですよ、


どの、

バレルも、


重さは、

みんないっしょでした・・・。


なのでこのまま使います。

今日の重さは、910g。(前回と変わりません)


 人類滅亡まであと、

 実銃の重さまであと、220g・・・。


※どなたか、クソ重~いアウターバレルお持ちでしたら、
 教えて下さいね~♪

ではでは~  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)ガバ重量化計画

2008年04月25日

チャンバーカバー

今度は、チャンバーカバーです。

なににしようかな~?


ノーマルはABSのプラ製ですから、

金属チャンバーに換えるだけで、かなりの重量UPになります。


ちょうど、WAから純正で金属チャンバーが出ているのですが、

もっと重い金属チャンバーをジャンクBOXから発見しました。


こちらです。

どこのメーカーのものでしょうかね?(忘れました・・・)


重さを量ってみると、

38gでした。


45ACPの刻印もいいんではないでしょうか?

タナカのノーマルもシルバーのチャンバーカバーですしね。


というわけで、

今日の重さは、910g。


 人類滅亡まであと、

 実銃の重さまであと、220g・・・。
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(6)ガバ重量化計画

2008年04月24日

バレル・ウエイト

インナーバレルの先端に取り付ける、バレル・ウエイトですが、

最近のハイスペック(SCW)、で使用される、真鍮製のものに、
換えましょう。


このように、

重さを比べてみると、



重さが、

違うのもあるのですが、


ハイスペック用を使用する事により、

チャンバーカバーの動きもよくなります。


と、いうことで、本日は、

877g・・・。


 人類滅亡まであと、

 実銃の重さまであと、253g・・・。
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)ガバ重量化計画

2008年04月23日

インナーバレルガイド

さてさて、
インナーバレルを取り付けるバレルガイドですが、

タナカ純正はバレルガイドの片側がプラ製でした。
なので、違うタイプのガイドがいいですねぇ。
何がいいでしょうか?


最近のSCW、ハイスペックなどのVer.1~3とかのバレル用
がいいですかね?ところがですね、最近のバレルガイドですと、
この旧型のチャンバーカバーには厚みがありすぎて入らない
んですよ。

なので、Rタイプの頃のバレルガイドにしました。



純正の、

重さと比べると、



こちらの方が、

確実に重くなっています。


本日の重さは、

869g・・・。


 人類滅亡まであと、

 実銃の重さまであと、261g・・・。



  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)ガバ重量化計画

2008年04月22日

東急ハンズ行ってきました

先日、skypeで「さんじのハンドガン」「さんじ」さんと、
チャットをしていましたら、「東急ハンズ」の話がでてきました。
なんでも、さんじさんのいらっしゃる静岡には、ハンズがない
そうなのです。
今はインターネットや通販などで、エアガンも全国どこでも、
入手できますし、ホームセンターなども、全国に色んな店舗
がありますが、やはりハンズはあちこちにあるわけではない
のですね。

私の実家のある県にもハンズはありませんでしたので、東京
に遊びに来ると、必ずハンズには寄っていました。
「池袋店」、「渋谷店」、「新宿店」、の3店しか行った事がない
のですが、それぞれお店の「いろ」がありまして、それなりに
違いを楽しむことができます。

「池袋店」ですが、なんだか置いてある物が、ドォ~んとデカイ
ようなイメージがあります。テーブルの天板になりそうな無垢
の木の板があったり、わりかしホームセンターに近いにおいが
しますね。しかし、蛇の標本があったり、ビーバーの頭蓋骨が
あったりと、マニアックな商品もあったりしました。
ちょっと遠いので行った回数はあんまりないですねぇ。同じ、
池袋なので、ガンショップの「アングス」さんにもよったりしまし
たね。

「渋谷店」、あ~、一日いても飽きませんね。階と階の間に、
ロフト(中二階)があり、品揃えのジャンルと数はピカイチです。
自分に興味の無いフロアでも、「へぇ~、こんなのあるんだ!」
と、ついつい目が行ってしまいます。行った回数は数知れず、
ダントツの1位ですね。
確か、1番上の階は洋書のコーナーだったはず・・・。
なかでも、「皮細工」のための材料や工具が沢山置いてあり、
学生の時には、ブックカバーや小物を造っておりました。その時
の趣味が、今ではホルスター造りに役立っているのではないで
しょうか?(といっても、素人が造るものなのでたいしたものでは
ないのですが)

「新宿店」、が最近はよく行きますかね。家から一番近いので。
高級百貨店の「高島屋」と同じ建物のなかにあるので、置いて
ある商品もそれなりのものが多いように感じるのですが、気の
せいでしょうかね。でも、蓄光材の「ルミノーバ」があったり、
エロエログリップ造りには欠かせない、「のびるラベル」があった
りと、とても実用的ですね。
それと、ハンズとは全然関係ないのですが、隣りの高島屋の中
に、「鼎泰豐」(ディン タイ フォンと読みます)という、台湾料理
の店があります。かつて、ニューヨークタイムス紙で世界10大
レストランに選ばれたこともある名店の日本支店です。
肉汁スープたっぷりの小籠包が有名で、手作りの点心が美味し
く頂けますよぉ~。お勧めです♪


そんな「新宿店」で、日曜日にお買い物をしてきました。

それがこちらです♪
これからのカスタムに使われる材料達です。そのうちブログの
なかでも出てきますので、「あ~、あれがコレか!」と思われる
でしょうかね?


さんじさん、
上京のさいは、ハンズも行きましょうね。
そして、「鼎泰豐」で点心のお茶をして、
夜は、焼肉食べに行って・・・。

う~ん、いくらあったら足りるかなぁ~?

























虚空さんのところに、銃のX線画像があったので、

オマケ画像

・・・、発射できるので、銃?とも言えなくはないですが・・・。
(だいじそさんへの祝福画像ってことで。削除されるかな~)
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(10)コラム

2008年04月21日

インナーバレル

この物語は、
タナカのSFAスタンダードをベースに、実銃の
重さを再現するべく始めちゃった企画です♪


ではでは、
スライド側から、重量UPといきますかねぇ。

まずは、インナーバレルですよ。
分解してみたら、コマンダーサイズのバレルでした。

(前のオーナーの方が交換してたのですかね?)


フルサイズ5インチのものと比べると、

これだけ長さが違います。


ここを、カスタムバレルに換えていきましょう。
なにがいいですかね?ノンHOPバレルの方が、切り欠きや
穴がない分、多少は重いでしょうか?長さも、ノーマルより
長い方が重いハズ・・・。


な訳で、使用するのは、

こちらのバレルになります。


メーカーはどこなんでしょ?

このバレル、ちーちゃんさんのお店を物色していた時に、
見つけた製品です。ステンレスの削り出しのようですが。
いつか、使おうと思っていて、やっと日の目を見ました。
(よかった、よかった)


このように、

WA純正のバレルと比べると、ちょっと長いんです。


ただ組み込むのもなんなので、

性能UPも兼ねて、「煮パッキン」処理しました。
「ガンスミスエンジニアリング」の石岡さんが発明した、驚き
びっくりな技術です。
ラバーチャンバーに弾を咥えさせたまま、「煮る」事によって、
ラバーが伸びて、BB弾の保持力が弱くなる、という仕組み
です。保持力が強いと、ノンHOPでもチャンバーから弾が
抜ける時に変な力がかかり、アッチャコッチャに飛んで行き
ますからねぇ。

私独自のレシピでは、
 ・お湯を完全に沸騰させる
 ・沸騰したら、火を止める
 ・火が止まって、5秒たったらお湯に挿入
 ・6秒間茹でる


そして、大事なのが、

 ・規定の時間茹でたら、すぐに冷水で冷やす!
です!茹ですぎるとラバーがユルユルになって、「弾ポロ」に
なってしまうので、ご注意下さいね。


次回はこのバレルを組んでいきますね~♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)ガバ重量化計画

2008年04月20日

人類滅亡まであと、・・・

さて、

ということで、タナカのSFAスタンダードをベースに、実銃の
重さを再現するべく始めちゃったこの企画、はたして達成
できるのでしょうか?


まずは、ノーマルの状態をご紹介です♪

ぱっと見はミリガバなんですけどねぇ。


これです!

私の心を揺さぶる、「SPRINGFIELD ARMORY」の刻印です!


スライドだけでなく、

フレーム側にも刻印があります。
「WA」、「ASGK」マークは、前のオーナーがパテか何かで、
消したような跡があります。


アウターバレルが、

シルバーなのが、アクセントになっていますね。


リングハンマー、

ダックテール仕様です。個人的には、ダックテール好き
ですねぇ。


各パーツ、

スライドストップ、トリガー、セフティー、マガジンキャッチ、
メインスプリングハウジングなどは、チェッカーではなく、
ストライプです。


さてさて、
重さを量ってみましたよ・・・。

860gでした。


と、いうことは・・・、

 人類滅亡まであと、

 実銃の重さまであと、270g・・・。


ちなみにコチラ、タナカの「チャンピオン」のご紹介になります。
比べてみて下さいね~

ではでは

続きはコチラ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)スタンダード

2008年04月19日

「あえて言おう、・・・

さてさて、

バージョンが進むにつれてリアルになり、性能もよくなっている(?)
WAのガバメントですが、まだ、達成されていない事があります。

ABSから、HWへと、重くはなっているのですが、まだまだ実銃と
比べると軽いですよねぇ~(まぁ、トイガンなので当たり前なのですが・・・)

「あえて言おう、カルイであると!」

・・・、

がしかし、トイガンの趣味はこのようなご時世ですから、安全に楽しく
なければいけません。なので、メタルスライドやメタルフレームなどは
使用できません。これらを使わずに、実銃の重さが再現出来るでしょうか?

ちなみに、「ハリウッド女優と拳銃」「tetsu」さんのHPではガバメントの重さは「1130g」となっておりますが、だいたいノーマルのミリガバってこんなものでしょうか?この重量を目指すべく、カスタムパーツを組み込んで、重量UPを狙うのが、今回の企画です。


ベースとなる銃はこちら、

タナカのマグナ、「スプリングフィールドアーモリー スタンダード」です。SFAが造ったミリガバで、リングハンマーだったり、細かい所が違っていますので、カスタムパーツを組み込むのに、違和感がないかな?と。(私の好きなスプリングフィールドアーモリーってのが、1番の理由かも)
なるべく、このミリガバの雰囲気を壊さないで仕上げたいですねぇ。


WAのUS1911、ナッシュコンプ、ゴールドマッチⅡ、などに付属している、木目調の金属グリップを使用すれば200gくらい重量が稼げるのですが、それは達成しなかった時の切り札として、とっておきたいと思いますです。


ではでは、

はじまり始まりぃ~


続きはコチラ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)スタンダード

2008年04月18日

エジェクター

エキストラクターの爪がカートのリムを引っ掛けただけでは、
カートは排莢しません。つっかえ棒、つまり、エジェクターに
カートがぶつかってはじめて、外に押し出されるわけです。
(諸先輩方、いいんですよね?合ってます?)

なので、このおもちゃの銃にも、ちゃんとエジェクターがあり
ました。


それが、

こちらですね。


わかりますかね?

銃本体ではなく、マガジンに出っ張りがあり、これがエジェクター
の役割をしています。


このように、

スライドが後退する時に、ぶつかるんですね。


それで、

カートがエジェクトされるわけです。


いや、しかしですね、

こんな精巧なおもちゃがはたして、
このように「対象年齢7才以上」でいいんでしょうかね?
もし、自分が7才だったら、仕組みが分からず、無理やり
スライドを押し込んだり、マガジンにカート詰めすぎたりして、
流浪さんみたいに、分解しなくても絶対に壊しちゃうと思う
けどなぁ~。

「ブルースワット」放送当時ちょうど7才だった、「小さい熊」さん、
いかがでしょうかね?  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(6)ディクテイター

2008年04月17日

エキストラクター

と、言うわけで、

エキストラクターですよ♪

可動式で、


ちゃんと、

爪の形になっています。


スライドが、

ブローバックし始めました。


エキストラクターの爪が、

ちゃんと、カートのリムを咥えております。


そして、

エジェクターの出っ張り棒にカートのおしりがぶつかり、排莢
となります。


なので、次回はエジェクターですね。  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)ディクテイター

2008年04月16日

フィーディングランプ

さてさて、

実は私、「モデルガン」なるものをあまり(と言うかほとんど)
持っていないのですが、そんな私でも、「おっ?ここはモデル
ガンっぽい♪」、と思う箇所がいくつかあるのが、このディク
テイターのすごいところです。

こちら、

マガジンを本体に装着し、スライドを上から見たところですね。


カートリッジの通り道、

いわゆる、フィーディングランプは銃本体側ではなく、チャン
バーと一体になっています。
モデルガンや実銃だと、もっと溝みたいな造りになっています
かね?すこし、丸まっていてカワイイ感じがします♪


この上を滑って、

カートが上っていくわけですね。


そんで、

カートが、チャンバーに装填されました。


スライドが前進して、

カートのおしり(リム)を、


エキストラクターの爪が、

しっかりと咥えて、スライド閉鎖となります。


なので、次回はエキストラクターです。  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)ディクテイター

2008年04月15日

セミ&フルオート

前回、
発射までの一連の流れをご紹介いたしましたが、この銃には、

セレクターが付いているんです。
「S」がセミオートで、


「A」は、

オート、つまり、フルオートの事です!
フルの場合は、トリガーを引いたままにすると、弾がなくなる
までブローバックし続けます。そして、弾がなくなると、スラ
イドが、ストップします。10発しか装填できませんし、サイクル
も早くないのですが、これはけっこう感動ものですね。
おもちゃで、よくここまでやったなぁ~、と感心します。


銃口にも、

ギミックがありまして、


弾が発射される瞬間、

銃口がLED?で赤く光ります。
暗闇で見ると、けっこう明るいですよ。


さてさて、
次回からは、『電動モデルガン』と言わせてしまう、
その驚愕(おおげさかな?)のメカニズムをご紹介しま~す。  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)ディクテイター

2008年04月14日

発射っ~♪

さてさて、

いよいよ発射ですよぉ~

トリガーを引くと、


スライドが、

ブローバックします。


エジェクションポートから、

カートリッジが排莢されます。


スライドが、

下がりきると、


スライドは前進し、

マガジンにある次弾を咥えてチャンバーに装填します。


トリガーを引くたび、

マガジンのカートリッジが空になるまでこの作動が繰り返
されます。
弾がなくなると、スライドはホールドオープンした状態で、
停止します。  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(6)ディクテイター

2008年04月13日

発射準備完了!

それでは、発射準備に参りましょう♪

グリップにマガジンを装填します。


ちゃんと、

マガジンキャッチはライブで機能します。
このため、予備マグが欲しくなったんですね。


ここの、

グリップエンドのところに、電源のスイッチがありまして、
画像のようにOFFの時は、


スライドが、

ホールドオープンしたままになっています。


これが、

スイッチをひねって、ONにすると・・・、


スライドが前進し、

初弾をチャンバーに装填します。


これで、発射準備完了!です。
お待たせです、次回はホントに発射です。  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)ディクテイター

2008年04月12日

使用バッテリーは・・・

電動ガンなので、

バッテリーを使用しますが、使うのは普通の単三電池です。


専用のケースに、

電池を収めて、


銃本体に、

ケースを収納します。


上から、

電池BOXのカバーをします。


この

レバーを、


ロックすれば、

準備完了です♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)ディクテイター

2008年04月11日

マガジン

こちら、

マガジンになります。装弾数は10発です。劇中ではロング
マガジンもあるようですね。
どうしても、マグチェンジがやってみたくて、「バンダイお客様
装弾、もとい、相談センター」に電話して、予備マガジンと
カートリッジを取り寄せた私は、アホでしょうか?


このマガジン、

装弾と、最終弾のあとスライドストップをかける、以外にも
重要な役割を秘めています。これについては、また後日。


では、

マガジンにカートを込めていきますよぉ~


これが、

カートリッジ式のオートマチックの醍醐味ですよね。


人造ルビーの弾頭が、

こちらを睨んでおります。(笑)  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)ディクテイター

< 2008年04>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ