2008年10月22日

ミクロチェンジ!(付属品)

「アンクルセット」のうりである、

スコープ、サイレンサー、ストックが、


このように、

分離し、


合体し、

変形して、


最強の武器となります♪

オプションパーツまで、ミクロチェンジ(トランスフォーム)
させてしまうとは、恐るべきおもちゃであります!



パーティクルビームキャノンフォーメーション、

最も強力なフォーメーションだそうです。


ちゃんと、

両手で銃を保持し、スコープも覗いています♪
そして、この状態でも実際に付属の弾が発射できます!

「目標を狙い撃つ!」



身長よりも長いこのタイプは、

バスターランチャーか、それとも、メガバズーカランチャーか?


本体に取り付けて構える、
テレスコープレーザーキャノンフォーメーション、

こちらは、障害物の多い場所で戦うときのフォーメーション
だそうですよ。


こちらも、

スコープも覗いていますね♪

「目標を殲滅する!」


長らく、ミクロチェンジの「ガンロボ」シリーズにお付き合い
下さいまして、ありがとうございます♪
シリーズと言っても、ブローニング、44マグナム、ワルサー
P38の3丁しかないので、これにて終了なのであります。
もっと色んなタイプのガンロボを見たかったですね~。

ではでは~

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)ワルサーP38

2008年10月21日

ミクロチェンジ!(完成)

さぁ、

あとちょっとでミクロチェンジも完成ですよ!


だいたい、

合体・変形もののロボットって、


変形が完成する最後の方で、

手首や、ロボットの顔が出てくるんですね。


そんで、

見栄を張った、カッコいいポーズかなんかをとるわけです。


その例に漏れず、

こちらの、


メガトロン様も、

トロンスフォームの最後の方で、


このように、

手首がでてきます♪


右手も、

ちゃんとでてきて、


あとちょっとで、

完成となります!

マスターピース版はコチラ♪


手首は出てきましたが、

なんか、手が短い・・・。


腕のパーツを伸ばすと、

ミクロチェンジ(トランスフォーム)、完成です!!

マスターピース版はコチラ♪


付属の銃(レーザー)を、

持たせてみました。


剣(ブレード)も。


マスターピース版はコチラ♪

完成か!?
と、思いきや、
ここで終わらないのが、
「アンクルセット」であります。
次回で最終回!付属品(武器セット)のミクロチェンジです♪


  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)ワルサーP38

2008年10月20日

ミクロチェンジ!(上半身)

さて、

そろそろ、ミクロチェンジの完成にむけてクライマックスです!


金属製のアームで支えられた、

顔&上腕のパーツが、


胴体に合体するべく、

「よっ」


「こら」

「しょ!」


、と起き上がってきます。

そして、


スライドのすき間に、

金属のアームがはまり込んで、上半身が完成しました。


さてさて、お待たせしました!
いよいよ、次回、ミクロチェンジ(トランスフォーム)完成です♪

マスターピース版はコチラ♪
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)ワルサーP38

2008年10月19日

ミクロチェンジ!(胴体その2)

ハロ、ハロ~♪
ついこの間まで、ミクロマンの「ガンロボ」の特集やって
いたんですよ。

え?

WAのガバのカスタムとか、エアガンとか、そっちの記事
の方がいいって?
途中でほっぽり投げると、メガトロン様になにされるか
分からないので、もうしばらくお付き合い下さいねっ♪


と、言う訳で、
胴体の続きです。

今度は、


バレルが、

下の方に、


折れていきます。

90度真下にマズルが向きました。


そして、

そこから、


ヒンジでもって、

バレルの根元が、


90度横になります。

ここらへんの変形が一番やっかいですね。ヒンジが多数ある
ので、無理に違う方向に曲げようとすると、子供だと、きっと
壊しちゃいますね。


それで、

また、バレルの向きを変えます。


次は、

バレルのマズルが、


正面を向くように、

曲げていきます。


こんな感じになりました。

だんだんと、ロボットっぽくなってきましたね♪

マスターピース版はコチラ♪
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)ワルサーP38

2008年10月12日

ミクロチェンジ!(胴体)

さて、

別のアングルから見るとこうなっています。
まだ、銃に足が生えたようにしか見えないでしょうかね?


スライドが、

バレルごと、


回転していきます。

ぐるっと回って、


バレルとスライド半分が、

90度、横を向きました。


そして、

メッキされたスライド部分を上に持ち上げると、下から
胴のパーツが見えてきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういえばね、
今日はJSC、「ジャパン・スティール・チャレンジ」って言う、
シューティングの大会があるんですね。

でね、
私もエントリーしておりまして、出場するんです。
(お恥ずかしながら・・・)
Rタイプの「鴨葱」さんもご一緒です♪

んで、
準備していましたらね、無いんです、
何処探しても、肝心なものが・・・。
銃(レースガン)が無い!んです!!

大五郎
どこいったんだろう・・・?

「はっ!」、
そういえば、「アンリミテッド」終わったあと、
好きにカスタムしてもらおうと、タッキさんに
送ったんだった。忘れてた・・・。

どうしよう?
シューティング用の銃が無いよぉ。

どうする?
オレ。

どうなる?
大会。

まて、
次回。
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)ワルサーP38

2008年10月11日

ミクロチェンジ!(上腕)

スライドを真後ろから見ると、こうなっています。

ヒェ~!、顔が逆さになったメガトロン様がこちらを睨んで
います!


スライドは、

左右のモナカ構造なので、


このように、

スライドが、


割れていきます。

しっかりとした、


金属製の、

アームを軸に、


スライドが、

左右に、


広がって、

行きますぅ~。


そして、

割れたスライドを垂直に向けます。


で、

横から見ると、こうなっています♪

マスターピース版はコチラ♪
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)ワルサーP38

2008年10月10日

ミクロチェンジ!(顔&ちょっと上腕)

フレームの、

グリップの付け根の部分、ガバで言うところのグリップ
セフティーの部分が、ガンロボ(メガトロン)の顔になる
部分です。


つまり、

銃の状態の時、我々はメガトロン様のお顔を、「ギュッ」と
握り締めているわけですね。


この部分を、

下方向に、


倒していきます。

こうなりました。


そして、

スライドの後ろ半分側が、


割れて、

移動していきます。


このスライド部分が、

上腕になるところです。
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)ワルサーP38

2008年10月09日

ミクロチェンジ!(足首)

こちらも、

どのモデルでも共通の亜鉛合金製の足首です♪


金属の重さで、

ロボットの自立を保つ他にも、


ピカピカ、キラキラのメッキ仕上げで、

高級感もあります。


やはり、ロボットもののおもちゃには、

うれしい金属パーツですね♪

マスターピース版はコチラ♪

プラモとかでも、たまに金属パーツが入っていますよね。
あれを見ると、ついつい喜んでしまいます。
でもね、たしか「レイズナー」だったかな?(昔のモデルですが)、
付属している銃が金属製だったんですよ。
それはそれで、うれしいのですが、実際にロボットに持たせて
みると、腕の関節部分が、銃の重さに耐え切れずに、
銃を構えさせると、「ダァラァ~ン・・・」と腕が下がってしまう
のですよ・・・。あれは逆に悲しかったです。


で、

こんな感じで下半身は完成です。
どのモデルも下半身の変形は簡単に終わるのですが、
上半身の変形ギミックは凝っていますね。
とくに、このワルサーP38は、対象年齢が15才以上なので、
かなりの凝り具合です。
なので、ここからが変形が長いのですが、お許しを・・・。


マスターピース版はコチラ♪

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)ワルサーP38

2008年10月07日

ミクロチェンジ!(脚部)

ではでは、

ミクロチェンジのはじまり、はじまりぃ~


どのモデルもそうなのですが、

グリップが伸びて脚部になります。短い足だと、
カッコわるいですもんね。


その脚部が、

前の方に開いて、


トリガーガードを隠すように、

前方に移動してきます。


このように、

トリガーガードが完全にかくれました。


反対側の脚部も、

同じように、


移動させます。

ここまでは、どのガンロボも同じですね。


マスターピース版はコチラ♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)ワルサーP38

2008年10月06日

豊富なオプション

こちら、
トランスフォーマー版の再販されたアンクルセットなのですが、

箱のパッケージや付属するシールが違うくらいで、本体に
ミクロマンとの差はありません。


これが、

付属するオプションです♪


まずは、

スコープ。


そして、

サイレンサー?ロングバレル?


最後に、

ストックを付けて完成です♪

「長っ!」

次回からミクロチェンジ(トランスフォーム)ですよぉ~。  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)ワルサーP38

2008年10月05日

どこがちがうのか?

パッと見て、
ガンロボのワルサーP38の「ノーマル」と「アンクルセット」、

見ての通り、ブラックとメッキのシルバーで色違いなの
ですが、他に違いってあったかなぁ?


アンクルセットが出る前から、

モデルナンバーの刻印は、M.C.12.13となっていました。
ガンロボワルサーP38がMC-12で、アンクルセットが、
MC-13ですので、


ふたつの銃は共通のフレームを使用しているって事ですね♪
(って、あたりまえやん。)

最初からアンクルセットの販売を見越しての企画だったのね。
(やっぱり、映画の影響なんでしょうか?それともMGCの
モデルガン?)


しかし、違いを発見!

アンクルセットを入手する前までは、「この穴、なんだろう?」
って、思ってました。(ワルサーバナーの上↑の穴の事です)


アンクルセットではこうなっていました。

マウントが付いている!


つまり、

マウントベースを取り付けるための穴でした。

最初からカスタムモデルの販売を考えての商品展開。
まるでどこかのトイガンメーカーのようではありませんか!
しかし、この後は続きませんでしたね、ガンロボ。
もっと色んな銃のミクロチェンジを見たかったなぁ・・・

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)ワルサーP38

2008年10月04日

アンクルセット

こちら、ガンロボ、「ワルサーP38」のDXバージョンである、

「アンクルセット」になります。


ノーマルと比べても、

箱がデカイです。


箱を上から見ると、

取っ手が付いていました。


こうやって、アタッシュケースのように持ち運ぶことができる
んですね。

まるで気分はスパイですね。こういう演出も子供心を
くすぐったりします。


箱の裏には、

豊富なオプションパーツの説明と使用の仕方が描かれてます。


では、

アタッシュケースを、


開けてみましょう♪

(ワクワク♪)


発泡スチロールにキレイに本体とパーツが収まっています。

トランスフォーマーで再販された時は、透明なブリスターパック
に入っていたので、ありがたみがなかったのですが、このように
ちゃんと収納されていると、うれしいですね♪


  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)ワルサーP38

2008年10月03日

ワルサーP38を・・・、

ガンロボのワルサーP38、

実際に撃ってみましょう♪


この銃、

単発式なので、


ここに、

一発だけ弾をこめます。


そして、

トリガーを引くと、


ストライカー式のトイガンなので、

板状のプレートが、


トリガーの動きに合わせ、

徐々に、


後ろに

下がっていきます。


トリガーを引ききると、

ストライカーが開放されて、


そして、

弾の発射となります。

やっぱり、このシリーズすごいッス。とりあえず変形に
支障がないように弾が発射できますし、しかも、トリガー
を引くことによっての発射なので、おもちゃではありますが、
これでも確実にトイガンと言えるのではないでしょうか?


  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)ワルサーP38

2008年10月02日

ワルサーP38が・・・、

ドイツの名銃が、

ミクロチェンジ(変形)します。


そう、

それが、「ガンロボ」。


そっかぁ、

当時はこれくらいの値段だったんですね。


あじゃさん、
お待たせしました、

お探しの物はコレでしょうか?


箱の裏には、

変形のプロセスが。


う~ん、

我ながら、これは保存状態がいいですね、
他の2種類と比べると・・・。

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)ワルサーP38

< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ