2008年04月18日

エジェクター

エキストラクターの爪がカートのリムを引っ掛けただけでは、
カートは排莢しません。つっかえ棒、つまり、エジェクターに
カートがぶつかってはじめて、外に押し出されるわけです。
(諸先輩方、いいんですよね?合ってます?)

なので、このおもちゃの銃にも、ちゃんとエジェクターがあり
ました。


それが、

こちらですね。


わかりますかね?

銃本体ではなく、マガジンに出っ張りがあり、これがエジェクター
の役割をしています。


このように、

スライドが後退する時に、ぶつかるんですね。


それで、

カートがエジェクトされるわけです。


いや、しかしですね、

こんな精巧なおもちゃがはたして、
このように「対象年齢7才以上」でいいんでしょうかね?
もし、自分が7才だったら、仕組みが分からず、無理やり
スライドを押し込んだり、マガジンにカート詰めすぎたりして、
流浪さんみたいに、分解しなくても絶対に壊しちゃうと思う
けどなぁ~。

「ブルースワット」放送当時ちょうど7才だった、「小さい熊」さん、
いかがでしょうかね?  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(6)ディクテイター

2008年04月17日

エキストラクター

と、言うわけで、

エキストラクターですよ♪

可動式で、


ちゃんと、

爪の形になっています。


スライドが、

ブローバックし始めました。


エキストラクターの爪が、

ちゃんと、カートのリムを咥えております。


そして、

エジェクターの出っ張り棒にカートのおしりがぶつかり、排莢
となります。


なので、次回はエジェクターですね。  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)ディクテイター

2008年04月16日

フィーディングランプ

さてさて、

実は私、「モデルガン」なるものをあまり(と言うかほとんど)
持っていないのですが、そんな私でも、「おっ?ここはモデル
ガンっぽい♪」、と思う箇所がいくつかあるのが、このディク
テイターのすごいところです。

こちら、

マガジンを本体に装着し、スライドを上から見たところですね。


カートリッジの通り道、

いわゆる、フィーディングランプは銃本体側ではなく、チャン
バーと一体になっています。
モデルガンや実銃だと、もっと溝みたいな造りになっています
かね?すこし、丸まっていてカワイイ感じがします♪


この上を滑って、

カートが上っていくわけですね。


そんで、

カートが、チャンバーに装填されました。


スライドが前進して、

カートのおしり(リム)を、


エキストラクターの爪が、

しっかりと咥えて、スライド閉鎖となります。


なので、次回はエキストラクターです。  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)ディクテイター

2008年04月15日

セミ&フルオート

前回、
発射までの一連の流れをご紹介いたしましたが、この銃には、

セレクターが付いているんです。
「S」がセミオートで、


「A」は、

オート、つまり、フルオートの事です!
フルの場合は、トリガーを引いたままにすると、弾がなくなる
までブローバックし続けます。そして、弾がなくなると、スラ
イドが、ストップします。10発しか装填できませんし、サイクル
も早くないのですが、これはけっこう感動ものですね。
おもちゃで、よくここまでやったなぁ~、と感心します。


銃口にも、

ギミックがありまして、


弾が発射される瞬間、

銃口がLED?で赤く光ります。
暗闇で見ると、けっこう明るいですよ。


さてさて、
次回からは、『電動モデルガン』と言わせてしまう、
その驚愕(おおげさかな?)のメカニズムをご紹介しま~す。  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)ディクテイター

2008年04月14日

発射っ~♪

さてさて、

いよいよ発射ですよぉ~

トリガーを引くと、


スライドが、

ブローバックします。


エジェクションポートから、

カートリッジが排莢されます。


スライドが、

下がりきると、


スライドは前進し、

マガジンにある次弾を咥えてチャンバーに装填します。


トリガーを引くたび、

マガジンのカートリッジが空になるまでこの作動が繰り返
されます。
弾がなくなると、スライドはホールドオープンした状態で、
停止します。  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(6)ディクテイター

2008年04月13日

発射準備完了!

それでは、発射準備に参りましょう♪

グリップにマガジンを装填します。


ちゃんと、

マガジンキャッチはライブで機能します。
このため、予備マグが欲しくなったんですね。


ここの、

グリップエンドのところに、電源のスイッチがありまして、
画像のようにOFFの時は、


スライドが、

ホールドオープンしたままになっています。


これが、

スイッチをひねって、ONにすると・・・、


スライドが前進し、

初弾をチャンバーに装填します。


これで、発射準備完了!です。
お待たせです、次回はホントに発射です。  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)ディクテイター

2008年04月12日

使用バッテリーは・・・

電動ガンなので、

バッテリーを使用しますが、使うのは普通の単三電池です。


専用のケースに、

電池を収めて、


銃本体に、

ケースを収納します。


上から、

電池BOXのカバーをします。


この

レバーを、


ロックすれば、

準備完了です♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)ディクテイター

2008年04月11日

マガジン

こちら、

マガジンになります。装弾数は10発です。劇中ではロング
マガジンもあるようですね。
どうしても、マグチェンジがやってみたくて、「バンダイお客様
装弾、もとい、相談センター」に電話して、予備マガジンと
カートリッジを取り寄せた私は、アホでしょうか?


このマガジン、

装弾と、最終弾のあとスライドストップをかける、以外にも
重要な役割を秘めています。これについては、また後日。


では、

マガジンにカートを込めていきますよぉ~


これが、

カートリッジ式のオートマチックの醍醐味ですよね。


人造ルビーの弾頭が、

こちらを睨んでおります。(笑)  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)ディクテイター

2008年04月10日

アーマーピアシング弾使用?

こちら、

使用するカートリッジになります。
弾頭はプラ製、薬莢は真鍮製、プライマーもメッキの別パーツ
で再現されています。


こちらは、

この製品とは全く関係ないのですが、マルゼンが昔よく使用
していた、BB弾のケースになります。


大きさが丁度手ごろだったので、

中に発泡スチロールを詰めて、カートケースにしてみました。
こうさせてしまうくらい、おもちゃとしてはよく出来たカートだと
思いますよ。


劇中での、

この銃と、弾丸のスペックになります。
なんでも、発射される時に、銃の内部で弾頭がエネルギー
コーティングされるようです。これで、敵をやっつけるわけ
ですね♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)ディクテイター

2008年04月09日

世にも奇妙な電動ガン?

あ~、

私、サバイバルゲーマーでありながら、未だにブログにて
電動ガンを1度もご紹介していませんでしたね。
と、いうことで、電動ガンをご紹介したいのですが、私の事
ですから、「ふつう」の電動ガンをご紹介する訳がありません
(キッパリ)。電動ガンにもいろいろありますからねぇ~、


今回ご紹介するのはこちら、

「ディクテイター01」になります。
過去に、コクサイから火薬を使ってブローバックして、BB弾も
撃てるM16やレミントンM700があったり、マルシンのガス
オペレーションのブローバックなどがありました。
この、「ディクテイター01」は、電動ブローバックになります。
弾は発射されないので、電動モデルガンでしょうか?(そんな
ジャンルがあればですけど・・・)


「ディクテイター01」は、

1994年に放送された特撮ヒーローもの、「ブルースワット」に
出てきた主人公達の使用する武器になります。
実は、私、このようなおもちゃを持っていながら、番組自体は、
1度も見たことがありません。
この銃の持つメカニックに惹かれたもので・・・。


特撮物、といえば、

こちら、「バンダイ」からの発売です。


中身は、「新機構内臓!」だそうですよ。

モーターがあったり、ギアがあったり、メカメカしくっていいです
ねぇ~♪


次回からは各部のご紹介です。  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(6)ディクテイター

< 2017年09月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ