2009年02月13日

Rタイプ 緊急避難所(実射編)

※前回に引き続き、今回も通常のブログとは関係ありません!
  タッキさんとの連絡用ですよぉ~♪



さてさて、

組み込むと、フロントフェイスはこんな感じですよ。
ありゃ?スライドが完全に戻りきってないなぁ~
(ロンリコがちょっと奥まっているので・・・)


ブッシングが厚めのビューロー用なので、

アウターバレルの飛び出しは、ちょっとですね。


しかし、
スライドを引いてみると・・・、

キレイにポリッシュされたガンブルーのアウターバレルが、
ニョキッと出てきますよぉ~
カッコいいわぁ♪


さてさて、それでは実射です。

試射方法は、昨年と一緒です。


距 離       5m(室内)
 姿 勢       立射・両手保持(スタンドは使用せず)
 使用マガジン  15連マガジン(シルバーのバルブ)
 使用弾      KSC グランドチャンピオン弾(0.29g)
 狙 点       中央
 所要時間     1秒間に1発のペース

こんな感じで5発、撃ちます。


結果はどうでしょうか?

ターゲットペーパーの紙の破れたところの端と端を測ると、
28mmでしたぁ。
練習なしの一発勝負でしたが、久しぶりに撃ったわりには
まぁまぁではないでしょうかね。1発は同じところを貫通
してるし。

この間、テッポウ撃ったのいつだったかなぁ?
思い出した!あの後チープガン世界選手権でチープガン
撃って以来、全く撃ってなかったぁ~


こちらは、

イスの背もたれをスタンド代わりに両手を固定して
撃ってみました。21mmでした。
こちらも1発は同じところを貫通です。
う~ん、両手保持の時とそんなに変わらないかなぁ?
もっとちゃんと狙えばよかった・・・。


しかし、
立射・両手保持の時の弾のバラつきが昨年よりも少なく
なっていますね。スライド閉鎖時においてのバレルの
ガタの無さと、ブローバックの遅延効果によって、リコイル
の影響をあまり受けてないような感じです。
WA独特のリコイルは殺さず、集弾性を上げる、この一見
相反するような撃ち応えを再現する効果は出ていると
思われますが、いかがでしょうかね?

今回みたいに流し撃ちではなく、ダットサイトとかを付けて
よ~く狙って撃てば、さらにまとまりはよくなるでしょう。

あ~、しかし、ダットサイト、持ってなかった・・・。

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)カスタムパーツ

2009年02月12日

Rタイプ 緊急避難所

※今回はちょっと予定を変更しまして、通常のブログとは
  関係ありません!
  タッキさんとの連絡用です♪

バレンタインのプレゼントでしょうかね?タッキさんからパーツ
が届きましたぁ。

ありがとうございます!


思い起こせば、丁度1年前にもパーツを頂きましたよねぇ。
skype(スカイプ)でタッキさんとあれこれとお話しているうちに、
WAガバの命中精度を上げるカスタムパーツの話題になり、
タッキさんに製作して頂きました。それが、コチラになります♪
これがもとになり、実際に効果のあるカスタムパーツ提供を
目指し出来たのが「TRT」(チームRタイプ)ブランドになります。


昨年頂いたものと比べてみましょう♪

今年はなんと、ライフリング入りですよ。こんな加工が出来る
なんて素晴らしいですね。


表面の仕上げも素晴らしいです。

ポリッシュされたブルーは眺めているだけでもウットリ
しちゃいます。


では、実際に装着してみましょう。このアウターバレルは、
目では確認できない微妙なテーパーがかかっていて、
バレル先端に行くほど太くなっています。つまり、ブッシング
とのすき間やガタを無くして、バレルを保持することによって
命中精度の向上を狙ったパーツになります。

なので、使うブッシングによっては、すき間があったり、
逆に通らないものもあるわけです。どれがピッタリですかね?

向かって左側から、
 ・一番古いシリーズ70
 ・GSRなどの厚みのあるもの
 ・ウィルソンタイプ(ブラック)
 ・ウィルソンタイプ(メッキシルバー)
 ・Jアーモリーのビューロー
 ・PDIのステンレス製
になります。


まずは、一番古いシリーズ70、

途中で止まってしまいましたぁ。


GSRの厚みのあるもの、

一番先端を通り抜け、下までイッチャイましたぁ。


ウィルソンタイプ(ブラック)、

これも、途中で止まってしまいます。


ウィルソンタイプ(メッキシルバー)、

メッキの分、厚いかな?と思いましたが意外にも
通り抜けてしまいました。


Jアーモリーのビューロー、

これも厚みのあるブッシンッグですが、ご覧のように、
通り抜けずに、先端で止まります。つまりピッタリと
フィットしている訳ですね。


PDIのステンレス製、

これも、途中で止まってしまいまいましたね。


と言う訳でして、一番ピッタリなのは、

厚みのある、Jアーモリーのビューローでした。
なので、この組み合わせで組みたいと思います。


その他のパーツは昨年とまったく同じパーツ構成です。

こんな感じですね。
次回は実射編です♪




  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)カスタムパーツ

2008年12月25日

世田谷カスタムワークス(第5弾)

はぁ~い、
ベリー、メリー、クリスマス♪
皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年もこの季節がやってきましたねぇ~。
いつもお世話になっている、タッキさんのHPの掲示板の常連
さん達に、今年も恒例のクリスマスプレゼントをお送りしました
よぉ~。

今年の世田谷カスタムワークスの第5弾は、


こちらの、

「WAッペン」(ワッペン)になります♪
いつもですと、WAのガバ用のオリジナルカスタムパーツを
お送りするのが恒例なのですが、WA製品を持っていない方
もおりますし、パーツとか組み込めない方もいることでしょう。


なので、今回はちょと志向を変えてパーツとか関係ない

ワッペンにしてみました。「チームRタイプ」のロゴ入りです。
これからも皆さんご一緒に楽しんで行きましょう!という
お仲間の証みたいになればいいかなぁ、と。



タッキさんから、

順次発送されているはずですので、暫しお待ち下さいね♪
(いつもお手数お掛けしております・・・)


あ、

ちなみに私、

JSCの時に、付けていましたぁ♪


こういうのがあると、

簡単に、どこでも身に付けられますよぉ~♪

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)カスタムパーツ

2008年05月20日

緊急告知!モニター募集!!

※「モニター募集」は終了しましたぁ♪

・・・、でブツは何かといいますと、

コチラ、WAのガバメント用の負圧バルブ、『負WAつバルブ』
です!詳しいレポートはコチラです♪
私はこの新メカで「アンリミテッド」に参加いたします。
同じく、「チームRタイプ」として参戦する、銀角さん、
鴨葱さんのWAガバにも組み込ませて頂きました♪


とりあえず、

限定5名様分、ご用意致しました。


残念ながら、

ハイスペックエンジンのみ、(バージョンはVer.1~3どれでも
OKです!)
つまり、SCWのみの対応なので、旧タイプであるRタイプの
エンジンには対応しておりません!


では、募集要項です♪

            『募集要項』

 ・6月1日(日)の「アンリミテッド」に参加される方で、
 
 ・しかも、使用するGUNがWAのガバメント!

 ・そんでもって、エンジンがハイスペック(SCW)の方!

 ・「ガツンッ!」とくる、WAの重いリコイルをなんとかしたい方!

 ・大会当日、使用した感じを教えて下さい♪

↑以上の5つを全て満たす方、子連れまでご連絡下さい。
先着限定5名様です!!
(とりあえず、募集期間は25日くらいまでですかね?
大会当日も近いので・・・)


お手数ながら、

ハイスペックのローディングノズル部分をお送り頂くことに
なります。(バラしたり、分解せずにそのままお送り下さい)
こちらに、『負WAつバルブ』を組み込んで、お返し致します。


ではではよろしくお願い致します~♪


追伸: ATPFのフランネルさん、kozさん、に、ご連絡です。
     (こちらをご覧になっていればですけど・・・)

     kozさんに以前、撃って頂いた時に、
     >WA本来のフィールとは全く違ったフィール
     とのご感想を頂きました。
     基本的にはリコイルを軽くするためのパーツなの
     ですが、セッティングによっては、リコイルが強いまま
     負圧にする事も可能です。ただ、この場合、
     あえて負圧式にするメリットがあまり思い浮かばない
     のですが。
     撃ち応えはリコイルの強い、『辛口』と、
     リコイルの軽い、『甘口』が選べますので、
     もし、ご興味があれば、ご連絡お待ちしております♪


※「モニター募集」は終了しましたぁ♪
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)カスタムパーツ

2008年04月08日

WAに負圧バルブ搭載!

さてさて、
先週、「クールスタイルトイ 3」に遊びに行ってきましたが、
参加された皆さん、お買い物やシューティングなど、存分
に楽しめましたでしょうか?

実は私、今回、お買い物とシューティング以外にも目的が
ありまして・・・、


それは何かと言いますと・・・、

こちら、V10コマンダーなのですが、この銃のエンジン部分
に、「WAの新メカ」を搭載しまして、どんな感じか実際
に皆さんに撃って頂こう!という目的です♪


ちなみに、

この部分なのですが、分かりますかね~?


WAの銃に必ずあるものがないのが、分かりますでしょうか?

そうなんです、ノズルからチョコっと飛び出ているフローティング
バルブが「ない」のがわかりますか?


こちらですね、

WAのエンジンに、「負圧バルブ」を組み込みました!
メカ自体はジャンクパーツを漁って、そこから組み上げたもの
なのでコスト自体は0円なのですが、何分、微妙な調整が
必要で、まだ試作段階というところですかねぇ。

つまりですね、マルイのガスブローバックのように、弾がない
空撃ち状態でも常に発射側の方にガスが流れます。これが
撃ち応えにどんな影響をあたえるか?自分ひとりで撃ってい
るだけでは分からないので、他の方にも撃って頂きたかった
んですね。


で、実際に撃って頂きました!

「小さい熊」さんにも撃って頂きましたが、今回、こちらの、
ATPFのスタッフの皆さんにも撃って頂きました♪
ありがとうございます。シューティングでいつも銃を撃ち
慣れている皆さんから、どんな感想が聞けるでしょうか?


撃ち終わり、皆さんが一様に言うのは、
「不思議ぃ~、WAなのにWAじゃない~」、です。

 ☆トリガーフィーリングはWAなのに、上はマルイみたい
 
 ☆WAにあるブローバックの下がりきった時にくる、
   「ズドンッ」という重いリコイルがない

 ☆タニコバのHWスライドを撃っている感じ

 ☆リコイルが軽い感じがする


と、まぁ、こんな感想を頂きました。


どうでしょうかね?ノーマルのWAに比べて撃ち易かった
でしょうか?もしそうであれば、シューティング向きのメカ
ということになりますよね。

シューティングでは圧倒的にマルイのハイキャパが多いと
思いますので、このシステムを組み込むことによって、
シューティングの大会とかで、WAを使う方がもっと増える
といいなぁ~と、思う子連れでありました・・・。

数値とか測ってないので、なんとも言えないのですが、
多分、ノーマルよりは燃費がわるくなるでしょうし、組み
込むセッティングの問題もありますので、まだ、メカは
発表出来ないのですが、いずれお目に掛けたいとは
思っておりますです、ハイ。


情報公開しましたので、↓コチラをどうぞ♪

  » 続きを読む


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(10)カスタムパーツ

2008年03月23日

デルタハンマー

やっぱり、スプリングフィールドアーモリーのモデルには、

コレ、「デルタハンマー」でしょう♪


今回使用したのは、

海外製のCPのものです。


Rタイプ用のハンマーなので、

ハンマーのこの面が直接ファイヤリングピンを叩きます。


ハンマーピンが通る穴は、

ベアリングが内蔵されていて、動きはスムーズですが、
ハンマーが左右にぷらぷらゆれるガタはありません。


付属のハンマーストラットも、

純正のものと比べると、厚みがありしっかりとした造りで
こちらもガタなくハンマーに収まっています。


一年目のブログはコチラになります♪
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)カスタムパーツ

2008年03月20日

星、4っつ~!!

♪キラキラキラキラ スタースター
  キラッ×4 スタースター☆♪

 星のスクリューがやってくる
 ガバの国からあらわれる
 skypeのむこうから声がする おちゃめな声がぁ~

 熱く熱くパーツつくる あ~れはオタスケベマン

 じゃなかった、オタッキマンでしたぁ~


と、言う訳で、オタッキマンこと、タッキさんから、

星型のグリップスクリューが届きました~。ありがとうございます!
もうね、「これでもかっ!」っていうくらい薄いスクリューなんですよ。


早速、取り付けてみましたよ。

どうでしょうか?


おおっ~!

グリップと面イチではありませんか!
す、スバラシイ・・・。


てこずったSFA実銃グリップですが、

星を身にまとうことにより、やっとの完成です!

タッキさん、いつもながら、ありがとうございましたm(_ _)m


一年目のブログはコチラになります♪
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)カスタムパーツ

2008年03月15日

グリップスクリュー

V10のグリップスクリューなのですが、

通常のマイナスネジとは違い、六角レンチを使うタイプになっ
ています。しかし、よく見るとグリップの穴と比べると、ネジの
大きさが小さいようですし、少し奥まったところにあるように
思います。


そんなことを思っていたら、

タッキさんから、お手製のグリップスクリューが届きましたぁ♪
ありがとうございます!!


さっそく、取り付けてみますよぉ~

どうでしょう?グリップのスクリューの穴の大きさにぴったり
ですね。


スクリュー自体、

グリップと面イチになりましたし、V10がさらにカッコよく
なりました~!


一年目のブログはコチラになります♪
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(8)カスタムパーツ

2008年03月14日

リコイルスプリングガイド

リコイルスプリングガイドですが、今回はこちら、

PDIのステンレス製のものを使用しました。
『パルソナイト』と呼ばれる、表面処理が施されています。


ノーマルのガイドと比べてみました。

ハイスペックになってから、リコイルスプリングガイドには、
スライドの戻りを早くするためと、スライドのブローバックの
衝撃を吸収するために、バッファーが内蔵されました。
スライドが速いのはいいのですが、せっかくのじゃじゃ馬
V10を暴れさせたい!、ということで、バッファー無しの
ガイドを選んだわけです。
長さも、ちょっとだけ長いの、わかりますかね?


ノーマルだと、

こんな感じ。


PDIだと、

長い分、リコイルスプリングがたわみにくくなっていますよ。


一年目のブログはコチラになります♪
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)カスタムパーツ

< 2017年09月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ