2008年04月08日

WAに負圧バルブ搭載!

さてさて、
先週、「クールスタイルトイ 3」に遊びに行ってきましたが、
参加された皆さん、お買い物やシューティングなど、存分
に楽しめましたでしょうか?

実は私、今回、お買い物とシューティング以外にも目的が
ありまして・・・、


それは何かと言いますと・・・、

こちら、V10コマンダーなのですが、この銃のエンジン部分
に、「WAの新メカ」を搭載しまして、どんな感じか実際
に皆さんに撃って頂こう!という目的です♪


ちなみに、

この部分なのですが、分かりますかね~?


WAの銃に必ずあるものがないのが、分かりますでしょうか?

そうなんです、ノズルからチョコっと飛び出ているフローティング
バルブが「ない」のがわかりますか?


こちらですね、

WAのエンジンに、「負圧バルブ」を組み込みました!
メカ自体はジャンクパーツを漁って、そこから組み上げたもの
なのでコスト自体は0円なのですが、何分、微妙な調整が
必要で、まだ試作段階というところですかねぇ。

つまりですね、マルイのガスブローバックのように、弾がない
空撃ち状態でも常に発射側の方にガスが流れます。これが
撃ち応えにどんな影響をあたえるか?自分ひとりで撃ってい
るだけでは分からないので、他の方にも撃って頂きたかった
んですね。


で、実際に撃って頂きました!

「小さい熊」さんにも撃って頂きましたが、今回、こちらの、
ATPFのスタッフの皆さんにも撃って頂きました♪
ありがとうございます。シューティングでいつも銃を撃ち
慣れている皆さんから、どんな感想が聞けるでしょうか?


撃ち終わり、皆さんが一様に言うのは、
「不思議ぃ~、WAなのにWAじゃない~」、です。

 ☆トリガーフィーリングはWAなのに、上はマルイみたい
 
 ☆WAにあるブローバックの下がりきった時にくる、
   「ズドンッ」という重いリコイルがない

 ☆タニコバのHWスライドを撃っている感じ

 ☆リコイルが軽い感じがする


と、まぁ、こんな感想を頂きました。


どうでしょうかね?ノーマルのWAに比べて撃ち易かった
でしょうか?もしそうであれば、シューティング向きのメカ
ということになりますよね。

シューティングでは圧倒的にマルイのハイキャパが多いと
思いますので、このシステムを組み込むことによって、
シューティングの大会とかで、WAを使う方がもっと増える
といいなぁ~と、思う子連れでありました・・・。

数値とか測ってないので、なんとも言えないのですが、
多分、ノーマルよりは燃費がわるくなるでしょうし、組み
込むセッティングの問題もありますので、まだ、メカは
発表出来ないのですが、いずれお目に掛けたいとは
思っておりますです、ハイ。


情報公開しましたので、↓コチラをどうぞ♪


このように、WA製品では必ずある、ローディングノズルの
穴から覗くフローティングバルブが見えません。

ノズルの内部に負圧バルブを組み込んでいます。


負圧によりマルイのガスブローバックのように、発射側と
ブローバック側同時にガスが流れます。なので、弾がない
カラ撃ちでもバレルからガスが発射されます。(発射音も、
WAとはちょっと変わります)発射側に優先的にガスが流れ
るので、ブローバック側のガスが少なくなり、そのために
リコイルショックが軽くなると考えられます。
(HW製のスライドだと、より実感できます)


こちら、ハイスペックのエンジンの内部になります。

(ノーマルの分解状態です)


負圧バルブとして使うのは、Rタイプのころのフローティング
バルブです。
(分かりやすいように、白いパーツを使用しています)

フローティングバルブから、バルブパッキンを外し、フロー
ティングバルブスプリングを逆の向きにして、


このように組み込みます。

バルブパッキンを戻して完成です!
特に特別なパーツを使うわけではなく、普通のガバの
パーツだけで、負圧バルブが出来てしまうんです。


ガス・コントロールのスリーブやスプリングは使わずに、

このまま組み込んで完成です♪


ハイスペックのフローティングバルブガイドには、

ガスを制御するための出っ張りがあります。


そのため、フローティングバルブはこれ以上奥には下がらず、
ブローバック側にガスが流れるすき間があるため発射と
ブローバック側両方にガスが流れます。

たとえば、出っ張りを取ってしまったり、出っ張りのない
Rタイプのエンジンだと、スプリングの力でフローティング
バルブが後ろに押されてしまい、フローティングバルブガイド
のすき間がふさがってしまいます。
こうなると、ブローバック側にガスが流れず、発射側に全ての
ガスが流れてしまい、「ボシュ~!」と音をたてて、マガジンの
ガスが全て抜けてしまいます。


通常はスプリングの力で押されて、

フローティングバルブはこの位置です。


ガスが流れると、

フローティングバルブが吸われて前に引っ張られます。


発射側を優先にするためには、Rタイプの頃やハイスペック
でもVer.1~2の固めのスプリングを使用してリコイルショック
を軽くするのですが、Ver.3の固定HOP用の柔らかいスプリ
ングを使えば、システムは負圧になりますが、リコイルショック
はWA特有の強いまま変わりません。

つまり、スプリングを変えることにより、撃ち応えも軽い
『甘口』と、強い『辛口』が選べます。




同じカテゴリー(カスタムパーツ)の記事画像
Rタイプ 緊急避難所(実射編)
Rタイプ 緊急避難所
世田谷カスタムワークス(第5弾)
緊急告知!モニター募集!!
デルタハンマー
星、4っつ~!!
同じカテゴリー(カスタムパーツ)の記事
 Rタイプ 緊急避難所(実射編) (2009-02-13 00:02)
 Rタイプ 緊急避難所 (2009-02-12 00:02)
 世田谷カスタムワークス(第5弾) (2008-12-25 00:02)
 緊急告知!モニター募集!! (2008-05-20 00:02)
 デルタハンマー (2008-03-23 00:02)
 星、4っつ~!! (2008-03-20 00:02)

Posted by 子連れ狼  at 00:02 │Comments(10)カスタムパーツ

この記事へのコメント
うわ!Σ(▼□▼メ)
そんな面白そうなもの持ち込んでたんですか!!
|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||仕事ブッチして行けば良かったぁ!
Posted by 虚空弾道虚空弾道 at 2008年04月08日 00:35
こんにちは。
ブログ毎回楽しみにしています。
レースガンはWAを使っていますので、今回の負圧システム、非常に興味があります。実はマルイ、WAの合体というのは研究中でして、あぁやはり考えていることは皆同じだ~。と嬉しくなりました。今後の展開を心待ちにしています。
Posted by muranem at 2008年04月08日 14:11
子連れさん、WAんばんこであります。
これは面白いですね。 考えはしていましたが、実体化してしまった子連れさんはとーってもエライっ!!!

 今後のエボリューションをきたいしていまっす。
Posted by ginkaku at 2008年04月08日 23:24
虚空さん、

フッフッフ・・・(ニヤリ)
そうなんです、実はこんなものを密かに
製作していたんです。沢山の方が集まる
機会ってそんなにないので、丁度よかった
です。次回、お会いする時に、思う存分
撃って下さいね♪
Posted by 子連れ狼子連れ狼 at 2008年04月09日 06:39
muranemさん、

いつも、ご覧頂きありがとうございます。

そうですか!レースガンはWAをお使いなの
ですね。なんだかうれしいです。
私は別にWA派でマルイが嫌い、という訳
ではなくマルイも大好きですが、マルイは
ノーマルのままでも当たり過ぎて、弄るところ
があまりないので、WAの性能をもっとよく
したいなぁ~、という思いで色々とカスタム
しております。
レースや大会で皆さんにもっとWAを使って頂ける
よう、何かお手伝いができればいいですね。
Posted by 子連れ狼子連れ狼 at 2008年04月09日 06:39
ginkakuさん、

おWAようございます!
HOP部分のWAパッキンに続き、エンジン部分
にも手を出してしまいました。

WAパッキン+負圧バルブ+タッキさんに作って
もらった、ディレイドショートリコイルパーツで
レースガンを作ってみたいですなぁ~
Posted by 子連れ狼子連れ狼 at 2008年04月09日 06:40
こんばんは!
ATPFブースでスタッフをやっていたkozです。初コメント、お邪魔します〜♪

私も撃たせていただきましたが、とぉっても不思議な感触でした。
ATPFではいつも、KimberTLE/IIとWilsonCombatPROFESSIONALを使っていますが、全く違ったフィールに、ビックリしました。

率直な意見ですが…
私はWA本来のフィールになれてしまっているので、リコイルが来るタイミングの違いから「アレ?閉塞不良を起こしたか!?」とか「シアが落ちたのか不安になる」など、戸惑いを感じてしまったことは、隠せない事実でして〜(スミマセン

と、同時に「WA本来のフィール」にドップリつかってしまっている自分のシュートスタイルを実感することができました。本当にありがとうございました!

ぜひ、またどこかの会場でお会いしましょう♪では、失礼しました〜
Posted by koz at 2008年04月12日 01:57
kozさん、

いらっしゃませ~、書き込みありがとうごさい
ます♪

当日、ATPFブースでは色々とお話を聞か
せて頂いてありがとうございました。
ATPFの皆さん、IDPAスタイル?で本格的
なシューティングをなさるので、普段の銃
とは大分違った印象でしたでしょうかねぇ。

恥ずかしながら、アンリミテッド出場を検討
しておりますので、その時はよろしくお願い
致しま~す♪
Posted by 子連れ狼子連れ狼 at 2008年04月12日 07:18
こんにちは!初めて書込みさせて頂きます。

私はシェリフの真鍮製フローティングバルブ

にてこの方式を試みました!(スプリングは

ver.3の柔らかいものを使用。)

しかしこの組み合わせが悪かった様で、暫く

実射していたらスプリングがユニット内でグ

ニャグニャに変形してしまい、作動不良を

起こしてしまいました。

その後もいろいろなスプリングを試すもなか

なかうまく行きません。

どうか、子連れ様ご教授頂けませんでしょう

か?

何卒宜しくお願い致します。
Posted by シャーキーマッコイ at 2009年03月22日 14:47
シャーキーマッコイさん、

書き込みありがとうございます♪
さてさて、色んな方にお試し頂いて、
同様のトラブルの報告がありました。

「チームRタイプ」のメンバーのお仲間
の方が色々と試されて、解決方法を
見つけたそうです。

私もまだ、実際に解決の加工はしていない
ので、加工と撮影が済みましたなら、
3年目のブログの方であらためて、
ご報告いたしますので、今しばらくお待ち
下さいねぇ~♪

今後とも、よろしくお願い致します!
Posted by 子連れ狼子連れ狼 at 2009年03月23日 20:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ