2009年02月17日

野獣彫るべし

さてさて、
私にとって、最初で最後であろうと思われる、六研製品。
いくらお求め安い、ヴィンテージ・コレクション・シリーズ
とは言え、定価で買ったら、WAのガバよりも高いぃ!
このままでは済みませんぞ。とっておきの1丁に仕上げちゃる♪


そんな訳でして、この銃にエングレーブを彫って頂くべく、
井浦先生の工房訪問、となったのです。

とりあえず、銃本体と、「こんな感じ~」という自分のイメージ
に合った、モデル3のエングレーブの実銃画像を、持ち込み
ました。

お話を聞いてみると、井浦先生はこの壱番型拳銃は見た
ことも、彫ったこともないそうです。ヤッタ~♪先生の初彫り
製品をゲットです!私の銃が壱番型拳銃エングレ第1号♪

そして、あつかましくも、こんなお願いをしてみました・・・。

「先生、実は私HNが、『子連れ狼』なので、この銃に
 『狼』を彫って頂けないでしょうか?」

すると、先生は、簡単に、

『いいよ』と、仰って下さいましたぁ~!
ありがとうございます♪


先生の膨大な資料の中から、狼に関するイラストや絵、図鑑
などを見せて頂き、「これだ!」と思えるイラストを見つけました。
それがこちらです。

このイラストをモチーフにエングレを彫っていただくはずだった
のですが、先生の奥様の粋な計らいで、エングレーブが、
すごいことになってしまったのです!

さて、どんな感じに仕上がったのでしょうかね?
待て、次回!  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(6)六研・壱番型拳銃

< 2009年02>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ