スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2008年07月18日

アウターバレル化

さてさて、
前回、インナーバレルをカスタムし、性能UPしましたが、

バレルの先端を保持するすき間はそのままですので、
ここもタイトにしていきたいですね。


で、
今回使用するパーツはこちら、

また、WAガバのパーツになります・・・。
KM企画の昔のカスタムパーツで、HOPが無い頃のガバを
可変HOPにするパーツです。


金属製の、

アウターバレルと、チャンバーカバー付きです。
使用するのは、この金属製アウターバレルになります。


シリーズ70のバレルを再現しているので、

バレルの先端がちょっとだけ太くなっています。


この膨らみが、

この、マルゼンM4500シリーズにピッタリ!
ガタもまったくありません♪


安全対策のため、

金属製のアウターバレルにはもとから穴があいています。
これを、固定のために利用します。


インナーシャーシである、「バレルアッセンブリーベース」に、

M3の穴を開けます。


そして、

M3の六角ネジをねじ込みます。


このネジが、

アウターバレルの穴に入って、


このような固定になるんですね♪

多少のガタはありますが、スライドのブッシングとアウター
バレルがタイトでガタがないので、このままでまったく問題
ありません。


さて、

WA用のアウターバレルと言う事は、WAのバレルジョイント
もそのまま使える、ってことですよね。
アウターバレルの内径に合わせて、適当なサイズのOリング
をかませます。


インナーバレルはWAのガバ用ですし、

バレルジョイントもWAのガバ用ですので、ガタがなくなります♪


さて、マルゼン純正では、アウターバレルとリコイルスプリング
ガイドが一体成型になっているので、

代わりに、このようなものを使用しました。


スライドを戻して完成です♪

どうでしょうか?
ぴったりです!リコイルスプリングガイドの六角ナットも、
カスタムぽくってカッコいいですぅ~♪

しかも・・・、

アウターバレルには、内側にネジが切ってあります・・・。


そうなんです、サバゲのサイドアームに有利な「アレ」が
使えるんですね~。

と、いうことで、次回は「サイレンサー」です♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)M4504

< 2008年07>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ