スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2008年07月17日

バレルカスタム

こちらが、

ノーマルのインナーバレル周りですね。


HOPシステムは、

APS2なんかでもお馴染みの、マルゼン特有の「レンジアッ
プラバー」を使用したシステムになります。


バレルを覗いて見ると、

HOPラバーがインナーバレルのなかにかなり飛び出して
います。実際に撃ってみると、0.2gでは発射したとたん
空に向かって飛んでいきますし、0.25gでも弓なりの
弾道になります。0.3gを使って、やっとフラットな弾道で
しょうかね?
また、「点」でBB弾を支えるシステムなので、いい時は
いいのですが、左右のバラつきが出やすいHOPでも
あります。

サバゲで使用していた頃は、バレルの溝とHOPラバーの
すき間にスペーサーをかまして、インナーバレルの中に
HOPラバーがあまり飛び出さないようにしてHOPを弱めて
使用していましたよ。


さぁ~て、
今の私のインナーバレルカスタムではこうなります♪

使用するのは、WAガバのVer.3固定HOPのバレルと、
ラバーチャンバーになります。
やっぱり、私からWAを放すことは出来ないのでしょうかね?
て、いうか、サイズがピッタリ!だったんですもの・・・。
内径は6.03mmで精度も上がり、外形はどちらも8mm
と同じでした。長さは、ウィルソンSGのバレルが、ラバー
チャンバーを含めた長さがマルゼンのノーマルのバレル
とほぼ、同じ長さでしたよぉ♪


でもこのままだと、

ラバーチャンバーの外形が大きすぎて、チャンバー部分に
入りません。


なので、

大胆に、HOPの部分を残してラバーチャンバーをここまで
カットします。


インナーバレル自体にも、

固定するための溝や切り欠きを、削って造りました。


後は、

元通りに組み込んで完成です!どうでしょうか?
実際に撃ってみたら、0.2gで25mくらいまではフラットで
それから弓なりな弾道、0.25gではフラットな弾道でした。
HOPラバーの形状も「点」から、「平面」に変わっているので
BB弾の左右の乱れもなくなりました。
今のサバゲでも十分に通用する性能になりましたよ♪


外などで撃たない、室内シューティングでしたら、HOPなど
なくてもいいわけでして、それでしたら、WAガバの6インチ
用のノンHOPバレルでもいいですね♪
また、平蔵さんのようにMGCのサイクロンバレルなんかも
見た目もオシャレでいいかもしれません♪

次回は、これに対応した、「アウターバレル」です。  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)M4504

< 2008年07>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ