2008年12月15日

IAPS ジャパンオープン

あ~、
2008年12月14日、浜松町で行われたシューティングの大会
に行って来ました。
IAPS ジャパンオープン
「IAPS ジャパンオープン」と言って、エアガンによる国際射撃
大会の開催を目指しているのだそうです。すでに、10カ国
が加盟しており、世界大会実現に向けて準備を進めている
そうです。
これはスゴイ!ついに、日本のエアガンシューティングも
世界に進出ですよぉ~♪

今回私はギャラリー(見学)で、フラフラァ~っと行ったので
すが今回ほど、「あ~、撃ちたかったなぁ!」と思えるシュ
ーティングの大会はありませんでした。シューティングの
コースがこれまた色んな種類があって、見てるだけでも楽
しいんです。
撃ちたかったなぁ~。でも丸腰で銃、持っていかなかったし。


国際大会を目指しているだけのことはあり、
IAPS ジャパンオープン
各エリアでの銃の取扱いに関しては、細かくなっていました。


銃を弄ったりするのは、
IAPS ジャパンオープン
こちらでやらなければいけません。今までだったら、食事や
休憩するところで、平気で銃なんかを出したりしていましたが、
そうはいかないみたいですね。

また、こことは別に、試し撃ちができるブースもありました。



タイムスケジュールはこのようになっており、
IAPS ジャパンオープン
全部で7つのコースがあります。


では、
ご紹介と参りましょうか。
IAPS ジャパンオープン
まずは、一般的なプレートシューティングから。


当たるとタイマーがストップするプレートを含む、5枚の
スティール製のプレートがあり、そのタイムを競います。
IAPS ジャパンオープン
プレートの配置はそのコースによって様々です。


こちらは、
IAPS ジャパンオープン
射撃をするボックス(スペース)が2つあり、つまり、
移動のあるプレートシューティングになります。


手前のボックスの中に立ち、
IAPS ジャパンオープン
2枚の四角いプレートを撃ちます。
(画像はライターの石井選手です♪)


それから、
IAPS ジャパンオープン
奥のボックスに移動し、残りのプレートを撃ちます。
プレートとの距離は近いのですが、移動がありますので
そこらへんがポイントでしょうかね?


あとの、
IAPS ジャパンオープン
2つの、


プレートシューティングは、
IAPS ジャパンオープン
特に移動などがない、


一般的な、
IAPS ジャパンオープン
コースでした。


とりあえず、
IAPS ジャパンオープン
今回はプレートシューティングのコースをご紹介しました。


いやね、
ほんとに、色んなコースがあったので、1回じゃ伝え切れま
せんよ。なので、次回に続きますねぇ~♪










同じカテゴリー(IAPS)の記事画像
IAPS ジャパンオープン(プラクティカル)
IAPS ジャパンオープン(ピン)
同じカテゴリー(IAPS)の記事
 IAPS ジャパンオープン(プラクティカル) (2008-12-17 00:02)
 IAPS ジャパンオープン(ピン) (2008-12-16 00:02)

Posted by 子連れ狼  at 00:02 │Comments(0)IAPS

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2020年09月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ