スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2009年02月14日

ROCKEN ' ROLL パート2




まずは、

コチラのだいじそさんの記事をご覧下さい。

見ました?

え?見てない!

見ないと、今回の記事の面白さは半分になりますよぉ~♪


では行きましょう♪

今回はこのだいじそさんの記事の姉妹編?続編になりますので。





では、まずは出会いの経緯から始めませう。


いつものように職場に向かうため、早朝車を走らせていた。

(やっぱり、早朝はいいなぁ、道も空いているし)

(おっ?)

街路樹でしきられた歩道を、向こうからきれいなおねーさんが
歩いてきた

(こりゃ、朝からついている!いい目の保養になるなぁ)

ところが!、今、目の前を歩いていたはずのおねーさんの姿が
突然消えた!いったい、どうしたのか?

街路樹で隠れていたが、おねーさんが立ち上がった

(な~んだ、つまずいて転んだのか)

しかし、よく見ると転んだ時にぶつけたのか、ストッキングの
膝の部分が擦り切れて、生足がむき出しになっている

(これから、出勤だろうに大変だよなぁ)

(まだ時間あるし、よしっ!)

キキィ~!

車を歩道に寄せて、助手席側の窓を下げた

「大丈夫ですか?」

『え?、ええぇ、なんとか・・・』

「ひざ、擦りむいてるじゃないですか」

「とにかく、車に乗って下さい」

『いいんですか?ご迷惑じゃ』

「困っている人をみると、ほって置けないんです」
(とくに、あなたみたいなきれいなひとは)

『じゃぁ、スミマセン』

おねーさんは、うしろの席に座った
私はダッシュボードからマキロンを取り出し彼女に渡した

近くのコンビニまで車を走らせていると、
バックミラー越しに彼女がストッキングを脱ぐのが見えた

信号で止まり、もう一度バックミラーを見ると
なんと!パン〇ィーまで脱ごうとしているではないか!
(ち、ちょっと、チョット、何やってんですぅかぁ!!)

見ないフリをしながらも、気になりながら、やっとコンビニ
に着いた

「ちょっと、まってて下さいね。ストッキング買ってきますから」

「あ、はい、すみません」

女性物のストッキングなど買ったこともなく、どれを買ったら
いいのか、まったく分からなかったが、とりあえず彼女に
似合いそうなものを購入した
(あ~、なんか恥ずかしいなぁ、カミさんのも買ったことない
のに。店員が男でよかったよ・・・)

「どうぞ、合うかどうか分かりませんが」

『ありがとうございます』

後ろが気になりながらも、バックミラーをみないように、
彼女がストッキングをはき終るのを待った

『ちょうど、いいみたいです』

「それはよかったです。近くの駅までお送りしますよ」

『なにからなにまで、すみません』

「いいえ、お気になさらずに」


駅に着き、車を停めて後部座席のドアを開けた

「大丈夫ですか?」

『はい、ほんとうにありがとうございます!』

「いえいえ」

『あのぅ~、せめてお名前だけでも・・・」

「そんな、名乗るほどの者じゃありません」
「通りすがりの子連れです」
(名乗ってんじゃん!)

『子連れ・・・、さん?』
『お礼といっては、なんですが、コレ貰って頂けない
でしょうか』

彼女はバッグといっしょに持っていた紙袋を手渡した

「なんでしょうか?」

『亡くなった祖父の遺品なのですが、わたし、こういった物
よく分からなくって、どうしようか困っていたんです』

「そんな大切なもの、頂いていいんですか?」

『ええ、あなたみたいな方に貰っていただければ、
祖父もきっと喜びます』

「じゃぁ、チョットだけ見せていただい・・・」

『ダメ!ここでは開けないで下さい』
『わたしがいなくなってからにして頂けませんか?』

「わ、分かりました」


駅の改札に向かう彼女を見送り、
彼女のことば通り、姿が見えなくなってから、
紙袋を開けてみた・・・

すると、
電話番号とメルアドが書かれたメモ用紙にメッセージが、

『こんど、ゆっくりとお礼がしたいので、お暇なときに
ご連絡していただけませんか?』

(いやぁ~まいったなぁ・・・)

メモ用紙に下には先ほど脱いだストッキングがきれいに
たたんであり、
その下にはなんと!ぱ、パ、パン〇ィーが!!!

こ、これって、さっき脱いでいたヤツ?
ゆ、ゆっくりとお礼って事は・・・まさか・・・


しかし、
紙袋の一番下にある、この箱を見てさらに驚いたのである!
(↑本気にしないようにw)








 





  



うひょひょひょひょ!ブロック見えなかった!(セーフ)





ガッカリするほど軽いのは同じだなぁ。

 

スティールじゃないので、錆びてませんw

  

きぃぃぃ きほうぅぅ ( ←パン〇ィーに惑わされ気付かなかったマダオ)







  

  

  



  






数日後、宿の部屋にて。

「・・・、おれなんかでよかったの?」

『うん♪ずっとあなたの事気になっていたんだ』

「えっ!おれの事知ってるの?」

『〇〇君のお父さんでしょ?』

「えっ、え!、なんで、なんで知ってるの!!」

『わたし、〇〇君のいる保育園で働いてるんだ』
『パートで時間限られているから、直接会ったことないでしょ』

「そうなんだ・・・」

『〇〇君がね、あんまりお父さんの自慢話するもんだから、
ずっと会いたいなぁ~って、思ってたんだぁ』

「そっか、そういうことかぁ~」

『やっぱり、自慢されるだけのことはあるねっ!』

そういって彼女はおれの胸に顔を埋めた


そうか、息子もムスコもお世話になった、って事か・・・

彼女の頭を撫でながら、家に帰って息子に会った時、
どんな顔をして接すればいいのか分からず、
それでも頭を撫で続けた・・・


~Fin~


(くれぐれも×2、本気にしないようにw)


  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(8)六研・壱番型拳銃

< 2009年02>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ