2009年02月19日

驚銃 モデル3

さて、
こちらが、井浦先生にエングレーブを彫って頂いた、
六研の壱番型拳銃になります♪

どうでしょうかね?


反対側です。

カッコいいわぁ~。
まったく別の銃みたい・・・。


バレルには、

こんな感じでエングレが彫ってあります。


バレルをテイクダウンするためのネジの部分も、

それを生かすためのエングレがなされています。


シリンダーにも、

6箇所のエングレがありますよぉ~。


こちらの、サイドプレートの反対側、見てください。

サイドプレートを止めるネジがこちら側に出ているのですが、
そのネジまでもエングレの模様の一部として生かすこの
デザインの巧みさ!これが井浦先生の作品の素晴らしい
ところです。


トリガーガードは金属製なので、

彫ると、このように下地が出て、銀色になります。
コレ見ると、エングレ全体にシルバー流したくなってきます。


ハンマーの根元や、



バックストラップにまで、

ちゃんとエングレが入っています。


そして、

花ちゃんや、flat_outさんと同じく、先生のサインを銃本体に
彫って頂きましたぁ~♪
ありがたみが増しますねぇ。


いかがでしょうか?
少しでもエングレーブの魅力が伝わりましたでしょうか?
皆さん気になるこのエングレ加工のお値段ですが、
(あんまりお金の話とかどうかな?とも思うのですが)

そうですねぇ~、
ボブチャウとか、ナショナルマッチとかじゃない、普通の
WAのガバメント2丁分のお値段、とでも言っておきましょうか?
(だいたい分かりました?)

これが、高いのか安いのかは、個人の価値観にもよる
のでしょが、私は、大、大満足です♪
ベースが六研モデルですし、有名な井浦先生による作品
ですし、しかも特注の「狼」インレイまで付いているのですから・・・

ちなみに、井浦先生にお聞きしたら、今までで一番高い
エングレーブの加工は、彫り代だけで35万円!だったそうです!
ひえぇ~!(しかも、その銃、チーフスペシャルなんですって)
あんなにちっちゃいのに、ひえぇ~×2







同じカテゴリー(六研・壱番型拳銃)の記事画像
パンドラの箱
収容嚢の鎮魂歌
銃把は雪のように
蘇える銀狼
野獣彫るべし
グリップもスゴいんです♪
同じカテゴリー(六研・壱番型拳銃)の記事
 パンドラの箱 (2009-02-22 00:02)
 収容嚢の鎮魂歌 (2009-02-21 00:02)
 銃把は雪のように (2009-02-20 00:02)
 蘇える銀狼 (2009-02-18 00:02)
 野獣彫るべし (2009-02-17 00:02)
 グリップもスゴいんです♪ (2009-02-16 00:02)

Posted by 子連れ狼  at 00:02 │Comments(3)六研・壱番型拳銃

この記事へのコメント
エングルーブ入り。 う~~ん、良いですよね~~♪ 
さながら日本晴れの富士山くっきりってな感じの、すうっごく、華やかで高級感いっぱいの雰囲気に変わりますね。

オイっちも、井浦先生程立派な物じゃないですが、キャロムショット製のアルミ・スライド・フレイムに金色エングルーブ入り・マルイGM持ってますが、撃つのがもったい無いです。たま~~に、おそるおそる、撃つような(^_^;)
差し支えなければ井浦先生の ¥は、公表はしていただけませんでしょうか?

もし、もお会いできる機会がありましたら見せていただきたいです。それと、マルシンキンバーを試射させていただきたいです。厚かましいお願いですんませんです。
m(_ _)m

GUMのワールドガン野外射撃場で15種類位の実銃、正真正銘の箱入り工場装弾約1500発、2度行き、3日間シューティング満喫してきた事があります。弾代2度で¥16万超えでした。
Posted by ppkei at 2009年06月24日 20:20
PS: エングルーブは、出来合いのサンプルを見せてもらい、これだと、幾ら、あちらだと、幾ら¥とか、

あるいは、自分の思うようなデザインの物を入れると別に、幾らプラスとか前もって予算の打合わせをするのですか?

あるいは、こちらから予算を言ってそれに合わせて、この予算ならこんな感じかな、って彫ってもらうのですか?
Posted by ppkei at 2009年06月24日 21:06
ppkeiさん、

実はあのキャロムの刻印も井浦先生の彫刻です。
メーカーやショップからの依頼では作品の出来は
変わってきます。

最近は私達エングレ倶楽部のものが直接先生に
ご依頼をするので、その熱い想いが、そのまま
作品の素晴らしさに注ぎこまれます。
顔の見えない作品よりも、依頼者の事を考えながら
彫刻するので、素晴らしい作品になるのはそのためです。

幾ら¥とかよりも、まず、どんな銃に彫ってもらうとか、
こんな感じのエングレーブにしたい、とかの要望が
あった方が、先生も製作しやすいと思います。
皆さんの想いを彫るのが、先生の仕事ですから。
予算のお話はそのあとでもいいとおもいますよ♪


数はそんなに多くないですが、先生のところに
サンプルの銃はありますし、資料もいっぱいあります。
もし、ご興味がおありでしたら、井浦先生のところへ
ご一緒しますよ~♪ご連絡下さいね。
エングレGUNでも、キンバーでもなんでも持って
行きま~す。
Posted by 子連れ狼子連れ狼 at 2009年06月26日 06:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年04月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ