2008年08月29日

一体成型

一体成型と聞くと、なんだか良いイメージがありますが、

実は、実銃では可動する各パーツがモールドで可動しない
ってことなんです・・・
このように、セフティーレバーはモールドで可動しません。


分解のための、

トリガープレートとロッキングボルトも一体成型。


マガジンキャッチも、

可動しません。マガジンは板バネによる、クリックストップです。


そして、

グリップスクリューは、プラスねじ!


でも、

グリップのおしりにある、ストックを付けるための溝はちゃんと
再現されています。


なんとな~く、カワイイ感じがしませんか?
リアルなモデルガンなんかと比べると、ツッコミどころ満載なの
ですが、そういった、「ここの形状がどうの~」とか、「刻印が
どうの~」といった世界から開放され、ホッとこころ和むものが
このルガーにはありますね。





同じカテゴリー(マルシン ジュニア)の記事画像
メカニズム
分解(その3)
分解(その2)
分解
排莢!
発射!(発火!)
同じカテゴリー(マルシン ジュニア)の記事
 メカニズム (2008-09-08 00:02)
 分解(その3) (2008-09-07 00:02)
 分解(その2) (2008-09-06 00:02)
 分解 (2008-09-05 00:02)
 排莢! (2008-09-04 00:02)
 発射!(発火!) (2008-09-03 00:02)

Posted by 子連れ狼  at 00:02 │Comments(4)マルシン ジュニア

この記事へのコメント
なんて言うんですかね~?

リアルな比較とか、単なるノスタルジーみたいなことで見ちゃうと切ないんですが、

「ルガーって言ったら、ココが大事だろ!」

みたいな設計者のコダワリとかが、こういうデフォルメにはあると思うんですw

そんでもって、個人的にそういうとこと、時代背景やコストや実用性のせめぎ合いみたいなのが垣間見えると面白いと思っちゃいますw
Posted by 虚空弾道虚空弾道 at 2008年08月29日 00:19
虚空さん、

そうですよね~、ディフォルメには設計者の
こだわりがでてしまいますよね。
ジュニアガンのルガー、愛くるしい感じに
思えるので、うまくできていると思います♪

トイガンの世界は、時代背景やコストや実用性
のせめぎ合いのかたまりのようなもんですよね。
そのなかで、消えていったモデルの多いことと
いったら・・・。
そんなモデルを発掘してくる、だいじそさんは
すごいと思います。
Posted by 子連れ狼 at 2008年08月29日 07:08
あららっw
コメントしようと思ったら急にアタシの名前がw
ジュニアシリーズに関しましてはSo-Suiさんに完敗しておりますがw
消えていったトイガンの中でも「トホホ系」もしくは「グダグダ系」に関して多少なりとも自負がございますわw

ところで本モデル。
記事中の「ホっとこころ和む」が、なるほどこのモデルの魅力となっているのですね♪
コけるところに和が生ずる、とw
うぅ〜むぅ、マルシンおそるべし(爆
( ↑マルシンには決してその手の戦略があったわけではない、と信じてますw)
Posted by だいじそ at 2008年08月29日 22:20
だいじそさん、

やっぱり、歴史に埋もれていった懐かしのトイガンは、
そのモデルが変態であればあるほど、後世に残して
いかんと思うであります。
なので、全てのトイガンファンのための聖地、
「マルマー二博物館」(仮)の建立は必至かと。
Posted by 子連れ狼子連れ狼 at 2008年08月30日 23:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ