2008年12月17日

IAPS ジャパンオープン(プラクティカル)

はい、

プラクティカルシューティングのコーナーです。


タクティカルなコースで、仮想のストーリー(状況説明)があり
それぞれの指示に従い、移動したり物陰から撃ったりします。

より実践的な射撃となるわけですね。
コースの内容やレイアウトも当日になるまで分かりません。
会場に行って初めてわかるのです。なのでプレート競技と違い
練習など出来ませんが、どんなコースで撃てるんだろう?と
いう楽しみがありますよね♪


たとえば、

こちらのコースはGUNを机の上に置いたままでのスタートです。


合図とともに銃を取り、

イスに座ったまま、シューティングをしていきます。


こちらは、

移動のあるコースになります。


ご覧のように、

目隠しがされていて、直接ターゲットが見えないようになって
います。


すき間から、

ちょっとだけターゲットが見えました。


なので、

スタートの合図とともに、シューティングの位置までダッシュ!
です♪(スタッフぅ~!のフランネルさんです)


ここまで近づくと、

やっとターゲットを見ることができます。


このすき間から、

次々と撃っていきます。


実際のターゲットはこんな感じですよぉ。

バッテンのノンシュートターゲットは人質ですので撃っては
いけません。弾痕が認められた場合はペナルティになります。
また、人の形をしたペーパーターゲットも、当たったゾーンに
よってタイムが加算されたりします。


次のすき間まで移動し、

ここからもシューティングです。


こちらで、

フランネルさんが撃っているのは・・・、


ムーバーのターゲットです♪

こういったムーバーや細かいターゲットの配置など、スタッフ
の皆さんの大変な努力と製作によって成しえるものですので
スタッフの皆様方には、ただただ感謝ですね♪


そんなスタッフのkozさんの番ですよ。

さすが、IDPA仕込み、華麗なるジャケットドローを見よ!
う~ん、カッコいいわぁ~


あれ?

でもまた何か飛んだような・・・?


またブッシングが飛んでしまいましたぁ~!

もぉ~、指輪代わりにずっと指にハメていて下さいっ!(笑)


さて、

こちらがもっとも移動のあるコースです。




トップシューターのショウジ選手が、「反省・・・」している訳
ではありません!


こちらのコースでは、

ここからのスタートになります。壁に手をついてのスタート
になるのです。


壁に隠れながら、

ターゲットを撃っていくわけですね♪


そして、

移動しては撃ち、


移動しては、

撃ち、


こちらのコースも、

奥に大きなムーバーのターゲットがありました。
(製作したkozさん、お疲れ様でしたぁ~♪)

移動の多さもさることながら、こちら、最低でも26発の弾が
必用だそうで、う~ん、私だったらマガジン何本あれば足り
るんだろうか・・・。


やっと一区切りついて、

スタッフの方や皆さんもお食事の時間です。
(スタッフ弁当、ちゃんとお肉も入っています♪)

今回、フランネルさんから参加のお誘いを頂いていたの
ですが、結局エントリーせずに当日をむかえてしまいま
したぁ。こんなに楽しそうなシューティングだったのなら
出ておけばよかったと思いました。うぅ・・・、後悔。

次回はよろしくお願いします♪

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(5)IAPS

< 2008年12>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ