2008年11月10日

職人魂。(プロローグ)

さてさて、
10月の末にエングレーブで有名な井浦先生の工房に
お邪魔した訳なのですが・・・、


エングレ倶楽部の皆さんの素晴らしいコレクションや、
ブラックホールで実際に生で見た先生の作品は素晴らしい
のですが、何分、私はサバゲから銃に入った者ですし、
モデルガン自体あまり持っていないので、エングレを彫って
頂く銃も無いんですね。

でも、先生の美しい彫刻を彫って頂きたい、という想いは
あるのです。さて、どうしたもんか・・・?

そんな時、ブラックホールで製作を依頼していたあるのもが
到着したのであります♪
それが、コチラになります。

(詳しくは、この銃の特集の時にて)

エングレ銃にホワイトアイボリーのグリップ・・・、

そうだ!、銃は無くても、このグリップにエングレを彫って
頂けばいいんだ!(ゲリPとかのグリップもそんな感じだし)
ブラックホールでも、小さな象牙のプレートに、細~い針で
エッチングを施した作品も展示してあったので、それもいい
なぁ~なんて思ったりして。


そんな訳で、
勇気をだして、先生にお電話をしたのであります♪

「私、子連れと申しまして・・・、」

「はい、これこれこういう訳で、ある物の製作を
 お願いしたいのですが。」

「・・・、なるほど、そうなのですか。」
       
         ・
         ・
         ・

ブラックホールで見た、象牙のエッチングのお話をしたら、

『あ、それね、スクリムショーって言うの』
(後で調べたら鯨の歯の伝統工芸から来ているようです)

『象牙は素材の密度が濃いから綺麗に仕上がるけど』

『プラスチックなどの樹脂製のグリップだとどうかなぁ』

『前にビクトリノックスのナイフのグリップにしたら、
 上手くいかなくてやめちゃった』

うっ、そうなのかぁ~、
スクリムショーは何にでも出来るわけじゃないんだぁ・・・
私の構想では、このアイボリーグリップに、スクリムショー
で、ワイアット・アープの肖像画を彫って頂こうと思って
いたのです。

でも、せっかくこうして勇気を出してお電話したので、
先生のお話をもっと聞きたいなぁ~、

         ・
         ・
         ・
    
「実は私、近くに住んでいるのですが・・・」

『じゃぁ、遊びにおいでよ』

「えっ、遊びに行っていいんですか?」

「もうひとり、一緒に行ってもいいでしょうか?」

「外見、どう見ても怪しいんですけど」

「いいんですか?」

「短パンにサンダルですよ?」

「ありがとうございます!それでは当日、
 よろしくお願い致します!」

・・・、と、なった訳であります♪


確かに、このグリップ、すっごく綺麗で仕上げも素晴らしい
のです!エングレ彫って頂かなくても、これはひとつの
作品として完成されているような感じもします。
また、元の銃が型で作ったエングレのプラにメッキの銃
なので、先生のきれいなエングレグリップだと、銃本体が
グリップに負けちゃうかなぁ?なんて思ってみたり。

一応、先生に実際に見て頂こうと、このS&Wモデル3
も持参しましたが、それとは別に、私秘蔵の品を持って
行きました。

『うん、このグリップはこのままで彫らない方がいいよ』

「あ~、やっぱりそうですか」

『すごくキレイじゃない』

「そうですよね~」


そこで私は秘蔵の銃を取り出したのでした。
なんでも、先生も初めて見るし、今までに
彫ったことの無い銃だそうです。

『これ、バレルなんかキレイだからきれい
 に彫れるんじゃない?』

「先生、どこら辺が彫れそうですか?」

『うん、だからバレルここから、ここくらいまで』

『先まで彫っちゃおうか』

「え~、いいんですか!」

『あとは、ココとココなんかも』

『このグリップの後ろなんかも彫れるね』

・・・、こんな感じでどんどんと彫って頂く
面積が増えていったのであります。


しかし、私にはどうしても彫って頂きたい
ものがあり、無理は承知で先生に恐る恐る
聞いてみるのでありました。

「先生、実は私〇〇が、〇〇〇〇なので、この銃に
 〇を彫って頂けないでしょうか?」

『いいよ』

「いいんですか!ありがとうございます!」


先生とそんなお話をしているとですね、奥様が、
あちこちから、〇に関する資料を出してきて下さる
んですね♪(ホントに素晴らしい奥様です!)

それだけではなく、奥様からのアイデアで、
エングレーブの他にこの銃がとんでもない事に!
そこまでして頂けるのですかぁ~!

あ~、もう、神様、ホトケ様、井浦様~な状態ですよ、
ホント。しかも、先生の初彫り銃第1号ゲット!

お時間はいくらかかってもかまいません、
先生の気が向いた時に彫って頂いてけっこうです。
・・・、でも先立つものが無いので、がんばってお金
貯めないといけないのですが・・・。


そんなこんなで、軍資金を稼ぐため、昼飯代を浮かして
少しでも貯金をしようとしている最近の子連れであります。

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)エングレ倶楽部

2008年11月09日

月夜に輝くもの

「・・・、」

「ウォォ~ン!」

「ガルルゥ・・・」

なに?何の音?


月夜は得体の知れないモノ達が、

怪しい光に導かれ、

街を彷徨う。

特に満月の夜は・・・。


「あ!」

「あれは何!?」

月光を浴び光り輝くもの・・・



「ジャ~ン!」

実は、ミリブロでいつもお世話になっている「さんじ」さんから、
誕生日プレゼントが届きましたぁ♪
ありがとうございます!


チープガンといえども、スケルトンモデル。

トリガーメカの動きが分かったり、
マガジンを抜かなくても、装弾数が確認できたり、
モチロン、眺めているだけでも、楽しめます♪


家にあった、

同じワルサーP38と2ショット。
テレビの上に置いてあるターゲットに向かって、
うちの子と撃ちあい。
結果は、5対5のドロー。
銃の性能は同じですかね?

ホント、さんじさん、ありがとうございましたぁ~♪

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)コラム

2008年11月08日

JSCへの道(フレーム)

さてさて、
フレーム篇に参りますよぉ~♪

ABS製の軽いフレームでは、リコイルを強く感じてしまうので、
HW製のフレームを使用します。
こちらは、Jアーモリーの「プロフェッショナル」のフレームです。


モデルガンのGMターゲットが、スプリングフィールドアーモリー
の刻印だったので、SFA製が作った、という設定で行きたいと
思うのであります。

ちゃんと刻印がありますね。


フレームの先端も、

エッジの立った角型ですので、SFAらしさが出ていますよね。


グリップのチェッカリングも、

細かい仕様になっています。


ハンマーメカは、

モチロン、Rタイプ仕様で、ロングピンを使い、スライドはSCW
のハイスペックエンジンの、ハイブリッド仕様であります♪

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)GM ターゲット

2008年11月07日

JSCへの道(サイト)

リブサイトのフロントサイトは、

エッジの立った、パートリッジサイトです。ホワイトドットとか、
何も付いていません。


JSCでは、次々にターゲットの白いプレートを狙わなくては
いけないので、皆さん、ダットサイトを付けたり、集光アクリル
サイトを付けたりするのですね。

さすがにこのリブサイトモデルに集光アクリルサイトはカッコ
悪いので、こんな感じのレッドランプにしてみました。


実は、

 ↓

これの、

 ↓

小隊

 ↓

正体は、

 ↓

・・・、

 ↓

なんと!

うちの子のおりがみですよ!かみ、紙でっせ!
何枚かあるうち、もっともソレらしい色のおりがみを選んで、
フロントサイト合わせ、切って、両面テープで貼っただけです。

だって、蛍光カラーのシールとか、うちになかったんだもん。
とりあえず、JSC本番当日だけもてば、それでいいのです。


こうして見ると、

けっこう見やすいでしょ?


スライド篇はこれにて終了~。
次回からはフレーム側に移りま~す♪

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)GM ターゲット

2008年11月06日

JSCへの道(ロンリコ)

リコイルスプリングガイドは、新日本模型純正ですと、金属
ムクの一体形になっているので、

最近の根元にバッファーがあるガイドに交換します。
この方が、リコイルの衝撃も吸収してくれることでしょう。


実際に組んでみたら、

プラグよりもだいぶ引っ込んだところに収まってしまいました。
ちょっと、カッコわるいかな?


なので、

バッファー付きのロンリコは、前後に分解できるので、2つの
間にスペーサーをかまして、ロンリコの長さを延長しました。
(WAガバのグリップスクリューを止めるスタッドに取り付ける
アレです)


リコイルスプリングは、

6インチ用のものでなく、5インチ用の不等ピッチスプリング
を組みます。テンションが弱くても、戻りが早いです。


はい、組んでみました♪

ロンリコがだいぶ前に出てきましたね♪あんまり長くすると
ブッシングが回らなくて、分解できなくなるので、ほどほど
の長さにしないといけません。


さて、
スライド部分が組みあがりました。

その重さは・・・、
「321g」も!!


比較用に、

同じくABSスライドで、ロンリコタイプのウィルソンハイキャパ
のスライドは、
「208g」でした。

うう~ん、

やっぱ、重いですね・・・。

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)GM ターゲット

2008年11月05日

新旧交代!?

?、

何でしょ、コレ?

ひび割れた地面でしょうか?

それとも、カエルやトカゲなどの爬虫類の表面?


実はコレ、

私が長年愛用していた財布なのです。
(カミさんと結婚する前から使っていたので)
もう10年以上も経っています。


このように、

小銭入れです。札入れは別にあるので、ポケットなど、どこに
でも入るように、このような小さな小銭入れを使用しておりま
した。
開くと、中にある小銭が全て見えるので、取り出し易いです。


これが、メーカー名?なのでしょうか。よくわかりません。

革の素材はゴートスキン(山羊革)で、フライトジャケットや、
グローブなんかに使われる素材です。新品の状態の時から
シットリとヌメヌメした触り心地で、他のどの革とも違う感触
でしたので、購入しました。
牛革と比べると耐久性としては弱いかもしれません。
それなのに、キャンプの時、雨具の中にいれて、ビショビショ
になったり、ズボンに入れていたのを忘れちゃって洗濯して
しまったり過酷な状況にさらされ続けていました。

それでも、こんなにボロボロになっても使い続けてきたのは、
革製品が好きな事と、なかなか自分で買ったものを処分
できない事などがあったからです。


その他にも、

裏側に、


こんな、

便利な機能があったので、


札入れを、

忘れた時なんかでも、


重宝していたんですね。

(一番、大っきい札でもそのまま収納可能なので)


しかし、
この小銭入れも、遂に退役の時を迎えました。

そうです!あまりの小銭入れの状態の酷さに、カミさんが
愛の手を差し伸べてくれましたぁ♪


次期正式採用品は、

こちらになります♪


FURLA?

え~、

あのぉ~、私、ブランドものよく分からないのですが・・・、
なんて読むの?

フルタ?(それは野球選手!)

ブリュレ?(それはスイーツ!)

チフレ?(それは化粧品!)

・・・、とまぁ、ボケはこれくらいにして・・・。


FURLA(フルラ)の小銭入れだそうです♪

バッグとか、革製品が有名なイタリアのブランドらしいです。
私、革製品のブランドっていったら、「コーチ」くらいしか分かり
ません。
さすが、ブランド品!箱もしっかりしてるし、巾着袋や、取説、
保証書など、いたりつくせりです。


して、肝心の使い心地なのですが、

おおっ~!今までと同じような感じで中が見えるぅ~♪
(私的、ミルスペックはクリアされました)


革に刻印が打ってあります。

素材は牛革っぽいですね。


ボタンにまで、

メーカー名が。


裏地にも、

モノグラムのようなロゴが。
う~ん、やっぱりここらへんがブランドっぽいなぁ。


折りたたまないと、

収納できませんが、


一応、

札も入れるスペースがあるので、合格!

辞令、
君を次期正式小銭入れとして採用します。


新旧の交代であります。

お疲れ様!今までお世話になりました。
雨の日も、風の日も、任務全うありがとう!

そして、テッポウは買ってくんなかったけど、
私の使い勝手まで考えてプレゼントをしてくれた
カミさんに感謝です♪

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(10)コラム

2008年11月04日

職人魂。

      ・・・・・・・十月○日、都内某所・・・・・・・


だいじそ「こづぅ~、お・ま・た・せ♪」

 子連れ「んもぉ~、だいちゃんったら、遅いよぉ~!」

    だ「ゴメン、ゴメン。着替えに時間かかっちゃって。」

    子「そういえば、今日は短パンにサンダルじゃないね。」

    だ「そう、長ズボン、パンパンで入んなくて、
      それで時間かかっちゃったの。」(ってオイ)

    子「そっかぁ、その体型じゃぁ、しょうがないよね。」
      (ってだから!オイオイ)

    だ「じゃぁ、行こっか、こづ♪」

    子「ちょっと、待ってて、今お迎えが来るから。」

    だ「へっ?」

    子「先生が直々に。」

    だ「なにぃ、なんですと!!先生自らぁ~!!」




・・・・・・・、



事の始まりは、私がかけた1本の電話からでした・・・。


「私、子連れと申しまして・・・、」

「はい、これこれこういう訳で、ある物の製作を
 お願いしたいのですが。」

「・・・、なるほど、そうなのですか。」
       
         ・
         ・
         ・
(数分間、製作依頼についてのお話)
         ・
         ・
         ・
    
「実は私、近くに住んでいるのですが・・・」

「えっ、遊びに行っていいんですか?」

「もうひとり、一緒に行ってもいいでしょうか?」

「外見、どう見ても怪しいんですけど」

「いいんですか?」

「短パンにサンダルですよ?」

「ありがとうございます!それでは当日、
 よろしくお願い致します!」


・・・、

そんな訳でして、だいじそさんとふたりで、
ある有名な先生の工房にお邪魔することになりました。
そうです、GUNのエングレーブで有名な井浦先生です!
(先生に記事UPの許可を頂きましたので、公開致します♪)


はじめ、電話をかけることすら、ドキドキしていたのですが、
いざ、お話をしてみると、とっても親切にご説明して下さり、
「遊びにおいでよ」、と言って下さるくらい、気さくに接して
下さいました。
当日、だいじそさんと待ち合わせた場所から分かりにくい
ところにある、ということで、わざわざ、先生が自らお迎え
にきて下さることになったんですね。
(なんていい方なんでしょ!)


そんなわけでして、
先生のご案内のもと、歩きながら工房へとむかいました。
駅前には今では大きなマンションが建ったりしていますが、
線路わきから見える線路や電車などはなかなか風情が
あり、電車マニアにはたまらないでしょう。
ちょっと入ると道も細くなり、車の通りもあまりなく、静かで
とてもいいところです。


さて、
到着致しました。
工房では奥様が丁重にお迎えして下さいましたよ。
(ここで、工房の様子などを書きたいところなのですが、
あんまり書いちゃうと、これから先生のところへ遊びに
行く方の楽しみを奪っちゃうことになるので、割愛しま~す♪)


腰を下ろして数時間、
色んなお話をして下さいました。
修行のこと、海外でのこと、メーカーとのこと、
などなど・・・。
今まで製作した作品の写真を見せて頂いたり、
製作に欠かせない沢山の資料や年代物の
本なども大量にありそれも拝見する事ができました。
また、実際に作品を手にとって見せて頂き、
その素晴らしさにため息しちゃったりもしました。

しかし、思っていたほど、工房には作品がないの
です。なんでかなぁ~、と思っていたのですが、
先生のお話を聞いてわかりました。

先生曰く、芸術家ではなく、職人なので、自分で
キレイだとか、これはいいものだ、とか思っていても
お客さんが、「これ欲しい!買わずにはいられない!」
と思うようなものを作らないとダメなんだそうです。
お客さんにいかに満足(ビックリ)して頂ける物をつくるか、
それが職人だということです。
なので、「この作品お気に入りだから、売らないで、
とって置こ!」ということがなく、全部売れて、工房に
一丁も銃がないのが一番の理想なのだそうですよ。

銃やナイフは“怖いもの”、“危険なもの”、であるので、
そういったアブナイものに彫刻を彫ることがいいのだそう
です。なので、そういう危ないものに、カワイイものや、
やさしいものは合わないので、動物だったら、龍とか虎
とか厳しいもの危機迫った感じが銃やナイフには似合う
とのこと。
不思議なもので、人間、元気な時やお金がある時は、
動物を彫りたがるそうですよ。逆に、元気がなかったり
景気が悪いと単にアラベスク(唐草)模様だけになっちゃう
そうです。
やっぱり、そうやって力強いものから元気やパワーを
もらったりするんでしょうかね?

それと、以外だったのが、銃を撃ったりしないし、
銃のことはよくわからないと仰るんですよ!
つまり、「銃」というカタチをキャンバスに見立てて
それに色々な彫り物を施していくという事です。
直線があったり、曲面があったり、立体なので、
そこに色々な表現をしていくわけですね。

(※先生の商売道具である、「たがね」です♪)

でも、とても細かくて繊細な作業なので大変だと
思います。天候などによっても調子が変わって
くるでしょうし・・・。しかし、先生は今でも裸眼で
作業をなさるそうですよ。
ずっと座っての作業なので、散歩をしたり、○を
○いたり、息抜きはかかせません。

それと、どうしてもお伝えしたいのが、奥様の
存在です。先生と、だいじそさん、私の3人で
銃の話や作品の話をしていると、奥様が本棚
をゴソゴソ弄っているんですね。そして、雑誌
や資料のファイルを持って来て下さるんです。
それが、なんと!今、話してた銃の資料じゃ
ないですか!奥様スゴ~イ!どこに何があるか
把握していらっしゃるのでしょうか?

先生が聞いたのに忘れちゃった事とかも奥様
は細かく覚えていたり、斬新なアイデアも出て
来たりとか、その奥様の献身ぶりには頭が下がり
ます。うちのカミさんに奥様の爪の垢を煎じて
飲ませたいくらいです。
なので、作品が出来たら、先生は一番に奥様に
見て頂くのだそうですよ。
いやぁ~、あいを感じますよ、愛を。
先生の素晴らしい作品だけでなく、
奥様の献身、先生の奥様への愛情、
素晴らしい夫婦愛も見せて頂きましたぁ~!
ありがとうございます♪


そんな、こんなで、
気付いたら、もうこんな時間!?
あんまりに楽しいひと時だったので、
とんでもなく長居をして奥様にもご迷惑を
おかけしてしまいましたぁ(スミマセン)
帰りも先生に駅の近くまで送って頂きました!

ご興味おありの方はぜひ先生の工房に
遊びに行ってみてはいかがでしょうか・・・。
きっとあなたも時間が経つのを忘れちゃう
はずです。そして、またあらたに銃の奥深さ
に出会う事でしょう♪
>So-Sui支配人、こちらにお越しの最は、ぜひ
 いっしょに遊びにいきましょう!


エングレーブにご興味がおありの方はコチラ♪
           ↓
      「エングレ倶楽部」

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(6)エングレ倶楽部

2008年11月03日

☆バースディ♪

どもども、

私事で恐縮ですが、

今からさかのぼる事、

○十年前、

この世に生を受けました♪

今まで好き勝手に生きてきましたが、
(今でもそうですが・・・)

自分に子供が出来て、

初めて、親の有難みと、「親」の大変さがわかりました。

そして、決して人間は自分ひとりでは生きてはいけない事

をあらためて思い知らされました。

私に係わって下さる全ての方に感謝を致します。

ありがとうございます。

そして、これからもよろしくお願い致します!


・・・、

ちょっと、硬かったですかね?


ちなみにですね、

鴨葱さんより1こ下で、

So-Suiさんより3つ上で、

さんじさんと同い年の子連れです♪

あんまりTOYGUNと関係ないネタもあれなので、
チョットだけ・・・。

自分へのご褒美として買っちゃいました♪
(だって、カミさん、テッポウとか買ってくんないし・・・)

私の軍事費では到底買えるメーカーではありませんが、
奮発して、入手しました。
私にはこのモデルあたりが限度でしょうかね?
多分、これが最初で最後の製品になるかと思います。
モチロン、私の事ですから、いくらこのメーカーだからと言って、
買ったままの箱出し状態である訳がありません。
カスタムしてしまいますよぉ~。
(すみません、買ったままのノーマルの銃が一丁もない人間なので)
いずれ、機会があればお披露目したと思いますです♪

ではでは~


あ、そうそう、

私のファンの皆さん、

プレゼントのあて先はコチラです♪
      ↓
東京都世田谷区○○○

爽やかエロの子連れ狼まで。

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(22)コラム

2008年11月02日

JSCへの道(ガタ取り)

ベースとなった、新日本模型のスライドは、

古いモデルのせいか、スライドとフレームのレールの溝の
クリアランスがとぉっても広くて、銃をグリップして、手首を
揺らすと、スライドが「カタカタ」と鳴るくらい隙間がありました。
なので、すき間を無くし、ガタを取るために、


スライド後部のレールの溝に薄いプラ板を貼り付けました。

あまりにすき間が広いため、左右で2枚ずつ貼ることに
なりました・・・。


こんな感じで、

スライド後部のガタはなくなります。


続いて、

スライド先端部分のガタ取り。


こちらは、

このようなベアリングを埋め込んで、ガタを取りましたよ♪

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)GM ターゲット

2008年11月01日

JSCへの道(エンジン)

リブサイト付きのGMターゲットですが、

重いスライドの動きを「モッサリ」させないために、エンジンは、
Rタイプではなく、ハイスペックの物を積んでおりました。


しかも、

「ガッツン!ガッツン!」としたリコイルを再現するために、


さらに、こんな仕様に。

そうです、Simさんの「GCSキャンセルスリーブ」内蔵です♪
このおかげで、リコイルは益々強くなっていました!

しかし、このままでは、リコイルが強すぎて、次々とターゲット
を狙い撃つスピードシューティングでは、ターゲットを捉える
ことが出来ません。


なので、

リコイルを軽減させるために、「負WAつバルブ」を組んで
みました。確かに、リコイルはノーマルの時に比べて若干
マイルドになるのですが、実際に撃ってみると、重いスライド
と負圧バルブの相性があまりよくないのか、ノーマルの時
より、弾が散らばるようになっていまいました。
いくら撃ちやすくなっても、当たらないのでは、意味が
ありませんね。


で、結局は、

ノーマルのハイスペックエンジンに戻しました。


迷ったら、基本に戻る、ということでしょうか?

なんとかリコイルさえコントロールできれば、良く当たる銃
ですのでこの仕様でいってみたいと思います。

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)GM ターゲット

< 2008年11>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ