2008年11月04日

職人魂。

      ・・・・・・・十月○日、都内某所・・・・・・・


だいじそ「こづぅ~、お・ま・た・せ♪」

 子連れ「んもぉ~、だいちゃんったら、遅いよぉ~!」

    だ「ゴメン、ゴメン。着替えに時間かかっちゃって。」

    子「そういえば、今日は短パンにサンダルじゃないね。」

    だ「そう、長ズボン、パンパンで入んなくて、
      それで時間かかっちゃったの。」(ってオイ)

    子「そっかぁ、その体型じゃぁ、しょうがないよね。」
      (ってだから!オイオイ)

    だ「じゃぁ、行こっか、こづ♪」

    子「ちょっと、待ってて、今お迎えが来るから。」

    だ「へっ?」

    子「先生が直々に。」

    だ「なにぃ、なんですと!!先生自らぁ~!!」




・・・・・・・、



事の始まりは、私がかけた1本の電話からでした・・・。


「私、子連れと申しまして・・・、」

「はい、これこれこういう訳で、ある物の製作を
 お願いしたいのですが。」

「・・・、なるほど、そうなのですか。」
       
         ・
         ・
         ・
(数分間、製作依頼についてのお話)
         ・
         ・
         ・
    
「実は私、近くに住んでいるのですが・・・」

「えっ、遊びに行っていいんですか?」

「もうひとり、一緒に行ってもいいでしょうか?」

「外見、どう見ても怪しいんですけど」

「いいんですか?」

「短パンにサンダルですよ?」

「ありがとうございます!それでは当日、
 よろしくお願い致します!」


・・・、

そんな訳でして、だいじそさんとふたりで、
ある有名な先生の工房にお邪魔することになりました。
そうです、GUNのエングレーブで有名な井浦先生です!
(先生に記事UPの許可を頂きましたので、公開致します♪)


はじめ、電話をかけることすら、ドキドキしていたのですが、
いざ、お話をしてみると、とっても親切にご説明して下さり、
「遊びにおいでよ」、と言って下さるくらい、気さくに接して
下さいました。
当日、だいじそさんと待ち合わせた場所から分かりにくい
ところにある、ということで、わざわざ、先生が自らお迎え
にきて下さることになったんですね。
(なんていい方なんでしょ!)


そんなわけでして、
先生のご案内のもと、歩きながら工房へとむかいました。
駅前には今では大きなマンションが建ったりしていますが、
線路わきから見える線路や電車などはなかなか風情が
あり、電車マニアにはたまらないでしょう。
ちょっと入ると道も細くなり、車の通りもあまりなく、静かで
とてもいいところです。


さて、
到着致しました。
工房では奥様が丁重にお迎えして下さいましたよ。
(ここで、工房の様子などを書きたいところなのですが、
あんまり書いちゃうと、これから先生のところへ遊びに
行く方の楽しみを奪っちゃうことになるので、割愛しま~す♪)


腰を下ろして数時間、
色んなお話をして下さいました。
修行のこと、海外でのこと、メーカーとのこと、
などなど・・・。
今まで製作した作品の写真を見せて頂いたり、
製作に欠かせない沢山の資料や年代物の
本なども大量にありそれも拝見する事ができました。
また、実際に作品を手にとって見せて頂き、
その素晴らしさにため息しちゃったりもしました。

しかし、思っていたほど、工房には作品がないの
です。なんでかなぁ~、と思っていたのですが、
先生のお話を聞いてわかりました。

先生曰く、芸術家ではなく、職人なので、自分で
キレイだとか、これはいいものだ、とか思っていても
お客さんが、「これ欲しい!買わずにはいられない!」
と思うようなものを作らないとダメなんだそうです。
お客さんにいかに満足(ビックリ)して頂ける物をつくるか、
それが職人だということです。
なので、「この作品お気に入りだから、売らないで、
とって置こ!」ということがなく、全部売れて、工房に
一丁も銃がないのが一番の理想なのだそうですよ。

銃やナイフは“怖いもの”、“危険なもの”、であるので、
そういったアブナイものに彫刻を彫ることがいいのだそう
です。なので、そういう危ないものに、カワイイものや、
やさしいものは合わないので、動物だったら、龍とか虎
とか厳しいもの危機迫った感じが銃やナイフには似合う
とのこと。
不思議なもので、人間、元気な時やお金がある時は、
動物を彫りたがるそうですよ。逆に、元気がなかったり
景気が悪いと単にアラベスク(唐草)模様だけになっちゃう
そうです。
やっぱり、そうやって力強いものから元気やパワーを
もらったりするんでしょうかね?

それと、以外だったのが、銃を撃ったりしないし、
銃のことはよくわからないと仰るんですよ!
つまり、「銃」というカタチをキャンバスに見立てて
それに色々な彫り物を施していくという事です。
直線があったり、曲面があったり、立体なので、
そこに色々な表現をしていくわけですね。

(※先生の商売道具である、「たがね」です♪)

でも、とても細かくて繊細な作業なので大変だと
思います。天候などによっても調子が変わって
くるでしょうし・・・。しかし、先生は今でも裸眼で
作業をなさるそうですよ。
ずっと座っての作業なので、散歩をしたり、○を
○いたり、息抜きはかかせません。

それと、どうしてもお伝えしたいのが、奥様の
存在です。先生と、だいじそさん、私の3人で
銃の話や作品の話をしていると、奥様が本棚
をゴソゴソ弄っているんですね。そして、雑誌
や資料のファイルを持って来て下さるんです。
それが、なんと!今、話してた銃の資料じゃ
ないですか!奥様スゴ~イ!どこに何があるか
把握していらっしゃるのでしょうか?

先生が聞いたのに忘れちゃった事とかも奥様
は細かく覚えていたり、斬新なアイデアも出て
来たりとか、その奥様の献身ぶりには頭が下がり
ます。うちのカミさんに奥様の爪の垢を煎じて
飲ませたいくらいです。
なので、作品が出来たら、先生は一番に奥様に
見て頂くのだそうですよ。
いやぁ~、あいを感じますよ、愛を。
先生の素晴らしい作品だけでなく、
奥様の献身、先生の奥様への愛情、
素晴らしい夫婦愛も見せて頂きましたぁ~!
ありがとうございます♪


そんな、こんなで、
気付いたら、もうこんな時間!?
あんまりに楽しいひと時だったので、
とんでもなく長居をして奥様にもご迷惑を
おかけしてしまいましたぁ(スミマセン)
帰りも先生に駅の近くまで送って頂きました!

ご興味おありの方はぜひ先生の工房に
遊びに行ってみてはいかがでしょうか・・・。
きっとあなたも時間が経つのを忘れちゃう
はずです。そして、またあらたに銃の奥深さ
に出会う事でしょう♪
>So-Sui支配人、こちらにお越しの最は、ぜひ
 いっしょに遊びにいきましょう!


エングレーブにご興味がおありの方はコチラ♪
           ↓
      「エングレ倶楽部」

  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(6)エングレ倶楽部

< 2008年11>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ