2008年08月11日

スネイル マガジン

ルガーP08のオプションパーツのご紹介です。

で、でたぁ~!
その圧倒的な存在感。スネイル(カタツムリまたは巻貝)
マガジンです!
なんで、このようなドラムマガジンって、こころ惹かれる
ものがあるんでしょうね?性能以外に。


ここから、

ガスを注入~。
装弾数は50発と、見た目の大きさよりはそんなに
多くはないのですが、ガスはいっぱい入りますね。


後ろから見ると、

このようになっていて、


畳んである、レバーを、

「シャキ~ン!」と伸ばし、


時計周りに回していきます。

レバーにはスプリングのテンションがかかっています。


本体にある、「穴」にレバーを引っ掛けると、

レバーが止まります。この間に弾を給弾するんですね。


この状態だと、

当然、マガジンフォロアーも下に下がっているので、


マガジンの先端には出ていません。

なので、この状態で弾無しで撃つと、空撃ちモード
として遊べます。
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)タナカ マグナ

2008年08月10日

アーティラリー

あれぇ~?
流れでいくと、4インチのあとは6インチなのですが、何処探し
ても6インチマリーネの画像が見当たらない・・・。
ほんとはルガーP08のなかでは6インチが一番好きなのに。
ルガー、全部実家なので、新たに撮ることも出来ないし・・・


と、いうことで、

8インチのアーティラリーであります♪


長~いバレルの根元には、

8インチの象徴でもあるタンジェントサイトが。
モーゼルや、ブローニングHPもそうですが、
ハンドガンにタンジェントサイトが付いていると
なんだか「ホッ」とします。
かやぶき屋根の田舎の民家に帰ったような・・・。

銃も工業製品ですから、最新のものの方が
性能的には優れているはずですが、こういった
現代では?的なところにも懐かしい頃の銃の
魅力が詰まっていて、こういったものは、
いつまでも無くなってほしくないなぁ、と
思ったりします。


リアサイトが付いていない分、

トグルはすっきりとしていますね♪
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(0)タナカ マグナ

2008年08月09日

スケルトン

こちら、
タナカのマグナブローバックのルガーP08ですが、

4インチでも、スケルトンモデルになっています。
ちょこっと(と、言うか大分)いじってあるのですが、
わかりますかね?
メーカー純正は箱のパッケージの状態なのですが・・・。


そうなんです、

夏らしくて涼しいスケルトンに合わせて、各パーツをシルバー
モデルのメッキパーツに変えました。
いかがでしょうか?


グリップもスケルトンなので、

内部の各パーツの動きが見れて、楽しいです♪


インナーバレルも、

カスタムパーツのシルバーメッキのバレルにしました。
メーカー純正は真鍮製なので。


こちら、

六研の「ライフリングバレル」になります。
バレル内にライフリングの溝が切ってあります。


メインスプリングが、

「ギュゥ~」っと、縮められていて、なんだか可哀想です。


やっぱり、

スケルトンにはシルバーパーツが合いますね♪

この銃、すご~く前のブラックホールか何かのショップで、
新品にもかかわらず、7,000円で売られていました。
当時はあんまり人気がなかったのかな?

しかし、パーツをシルバーモデルに総入れ替えしたので、
(シルバーのパーツって、ノーマルのパーツ×1.5倍、
もしくは2倍くらいの値段なのです!)
かえって高くついたような気もするのですが・・・  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)タナカ マグナ

2008年08月08日

今年100周年!

わたし、
ガバメントよりも好きな銃がありまして、
その銃が今年で100周年です♪

私はコレクターではないので、そんなに数は
持っていないのですが、いくつかルガーP08を
ご紹介したいとおもいます。


まずはコチラ、

タナカのマグナブローバックの、シルバーモデルです。
シルバーモデル好きのわたし、しかもルガーP08、
いうことなしです♪


ルガーの最大の特徴である、

「トグル」の部分ですが、他のモデルと違い、メッキの
シルバーと違和感がないように、薄いグレーの塗装?
アルマイト?で処理されています。
材質も軽いアルミ製ですので、ブローバックの作動も
軽やかで心地いいです。
【タナカルガーP08を元気にする方法】は虚空さんが
ご紹介しておりますので、参考にしてみて下さいね。


シルバーモデルには欠かせない、

タナカ純正の木グリを付けてみました。
このグリップのチェッカリングの鋭いことといったら・・・
材質がかたければ、大根とかもおろせそうですよ。


タナカのルガーP08のHOPカスタムは←コチラになります♪
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(8)タナカ マグナ

2008年08月07日

ガバを量る

          ~これまでのあらすじ

   ※Ver.アップされ、性能は良くなってきたWAガバ。
    
    しかし、実銃の重さ、「1130g」にはまだ足りない。
    
    メタルグリップだと、なんかミリガバのイメージと違う。
   
    トイガンの安全性を考え、メタルスライド&フレーム
   
    などを使わずに、実銃の重さを再現できるか?
   
    そんなことに挑戦した主人公のお話です♪



ついに、最終回をむかえてしまいました・・・。

手に乗せると、もぉ、そりゃ~「ズシリっ!」とした重さですよ。
重さだけ見ると、とてもエアガンとは思えません。


さてさて、
アニメや、ドラマなんかだと、最終回(もしくは近く)になると、
登場人物がバタバタと死んでいったり、今までどこかに
消えていた主人公のライバルが突然現れ、主人公に向かって
きたり、ほんとの敵が実は、すご~く近くにいた人だったり、
死んでたはずの人が実は眠っていただけだったりとか、
もう、なんでもアリなんですよね~。

さあ、こちらの最終回はどんな感じでしょうかね?


ではでは、行きますよぉ~
マガジンの更なる重量UPを図るため、

こちらの真鍮製のパーツを詰め込みます。


そのままでは、

マガジンの内部に入らないので、


このように削りました。

こちらのパーツもマルゼンM4504のマガジン内のパーツです。
(ガスタンクか何かだったと思うのですが・・・違ったかな?)


このように、

中に入れることができましたよ。
他の真鍮パーツもガス注入のチャージバルブの邪魔になら
ないよう、空いているスペースに詰め込みます。


ウェイトを全部組み込んで量ってみると、

258gでした。


このマガジンに、

ガスを注入すると・・・、


ガスを入れたマガジンの重さは・・・、

267g。


それと、今までの本体の重さが、

865gでしたので、


この2つを合計すると、

267+865=1132gです!

やりましたぁ~♪
ついに、HW製のスライド&フレームベースで、
実銃の重さを達成しましたよぉ♪
今まで、応援して下さった皆様、ありがとうございました!


持った感じのバランスは、実銃のそれとは違うのでしょが、

片手で持つと、腕がぷるぷるしまぁ~す♪
長い時間、持ってられないです。
お、重~い、重すぎる・・・。
実銃だと、これにさらに7発分の実包がプラスされるわけ
ですよね~。
アメリカの兵隊さんや、お巡りさんはすごいなぁ~、
こんなの腰にぶら下げてるんだもんなぁ。
とてもまねできません・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『実銃の重さ…。やったのか?・・・う、あ、光が…広がっていく!?』

「ガバメント!? ガバメント、達成したんでしょ?ガバメント、返事をして!
ガバメント!」


『あ?ハカリの数字が点いたり消えたりしている…。あはははは…

重い!10Kgかなぁ?いや、違う、違うな。10Kgだったらもっと
ドォ~ンって重いもんな!』


「あ…。あぁ…。」

『おっ重いな、これ。ふぅ。軽くならないのかな? おーい、
軽くしてくださいよ、ねぇ!』


「あぁ…。社長、国○社長、ガバメントが…。聞こえますか、渋谷店? 

 そう、お前もノーマルに戻りたいのね・・・」



 ※後先を考えず、ひたすら実銃の重さを求めてカスタムパーツを
   組み込んでいった主人公。最終回を迎え、今までパーツに
   つぎ込んだ金額の総額を見てびっくり!!
   ・・・、5万、6万、7万・・・。
   10万までは行きませんでしたが、あまりの高さに精神が崩壊
   してしまい、壊れてしまいましたとさ・・・。(半分ホントの話)


                   ~fin~  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(23)ガバ重量化計画

2008年08月06日

7+1発

先日、トイガンのお祭り、「ブラックホール」へ足を運んでいた
ころ、辺境ホビーライフのSo-Sui さんの地では盛大なお祭りが
開催されておりました。


なので、連動企画?お祭り画像です♪

江戸川の花火大会です(8/2)


見よ!

この、


盛大な、

マズルフラッシュを!!



え~、

こちらは、花火ではなく、
トイガンのお話・・・、

装弾数を、実銃と同じく、7発とします。

それが、重量UPにもつながるからです♪


こちら、

以前、ハンズで買ってきた、6mmの真鍮の棒です。


それを、

ピラニアソーで、


これくらの長さに、

カットします。


マガジンのスプリングですが、

WA純正そのままですと、スプリングのテンションが強く、
金属製のローデイングノズルと、マガジンフォロアーが激しく
ぶつかってしまうと、破損の危険があるので、テンションの
弱いスプリングを用意しました。
画像下のスプリングは、マルゼンM4504のマガジン
スプリングです。


それでも、

上げ底にした分、スプリングのテンションが上がるので、
これくらいカットします。


こ~んな感じで、

組み込みます♪


さぁ~て、本日は、

12gのUPでした。

 人類滅亡まであと、

 実銃の重さまであと、35g・・・。


次回、感動?の最終回。

   
   
   「君は刻の涙をみる・・・」

   って、コレ、全然「ヤマト」じゃないし・・・
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(6)ガバ重量化計画

2008年08月05日

マガジンフォロアー

こちら、

WAノーマルと、金属製のマガジンフォロアーになります。


比べてみると、

形状もちょっと違います。こちらも「エジプト」さんのカスタム
パーツになります。真鍮製で、ピカピカのクロームメッキが
かかっています。プレミアムエディションのマガジンにも、
ぴったりですね♪


ノーマルは、

軽すぎて、ハカリが反応しませんでした・・・。


エジプトさんの真鍮製は、

おぉ~!6gです♪


組み込むと、こんな感じです。

滑り止めのギザギザが付いているので、フォロアーを下げ
やすくなっています。

あ、

マガジンに写っているのは、8月だからといって心霊現象
ではありません。うちの子です。それくらいピカピカの
マガジンなのですね~。


と、いうわけで、

本日はトータルで4gのUPとなりました。

 人類滅亡まであと、

 実銃の重さまであと、47g・・・。
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)ガバ重量化計画

2008年08月04日

私は見た!裏取引の現場を!

その日は、いつもにもまして暑い日だった。

うだるような暑さのなか、最寄の駅まで向かう。

電車の中でのひと時が、暫し火照った身体を冷ませてくれる。

JRに乗り換え、目的地まで揺られていた。

五反田あたりで、電車が止まったころ、長物をかついだ

イベント帰りらしき人が、ホームを歩いていた。

まだ、11時前だというのに・・・。



そう、今日は「ブラックホール」の日なのだ。

私には久しぶりのイベントだった。いつ以来だろうか・・・?

昔であれば、朝早い時間に家をでて、開場の1時間くらい

前には並んでいて、掘り出しものやお宝をゲットするために

目を輝かせていたはずだ。

最近ではそんなこともなくなった。

たいした物がないから?それともトイガンへの情熱が醒めたから?

いや、違うな。こうして自分でも知らないうちに、

いつのまにか、おとなになっていたんだな。

認めたくはないが・・・


そんな感慨に耽っていると、気付いたら会場の前だった。

そう、都立貿易センター浜松町館。

何度ここへ足を運び、いくつものトイガン、そしてパーツたちに

出会っただろう。今日も新しい出会いがあるだろうか。


とりあえず、3階から見てみるか・・・。

いつもと、おなじ雰囲気、おなじ空気だ。

そう、この感じだ。わたしが求めていたものは。

こころの中から突き上げるワクワクするようなこの気持ち。

この気持ちがあれば、わたしはまだ大丈夫だ。

(ホッと胸を撫で下ろした)


「?」


なんだ?この感じ?

ウネウネ、ギトギトと、欲望といやらしさがまじったような

この感じは。

とてもこの会場には似合わないその雰囲気。

まだ、間に合う、いまなら引き返せる、

その思いとは裏腹に、私の足はその怪しい方へと向かっていた。



会場の片隅で、男ふたりがなにやらコソコソとしている。

やはり、怪しい空気のもとはここから漂っていたのだ。
そのおとこは、エアコンが効いている会場だというのに、
滝のような汗を流していた。ますます怪しい。
きっと悪いことを企んでいるに違いない。


ふと、足元を見てみる。

半ズボンにTOD'S(トッズ)のサンダル。
はて?、どこかで見たような・・・


そして、決定的な瞬間!

今まさに、タナカのチーフと現金のやり取りが行われようと
していた。

まずい!気付かれたか?

このままではこちらが危ない!

こちらに気付いたおとこが立ち上がり、

その巨体をこちらに向けた!

その手には銃が握られている!

だめだ、撃たれるっ!

なす術もなくわたしはその場に崩れようとしていた・・・




「ハイル! マルマー二!」
「子連れさぁ~ん♪」

なぁ~んだ、だいじそ党首ではありませぬか。
仕事の疲れと、この暑さで少しお痩せになったんじゃありません?
だって、モザイクがいつもより小さいですのもの・・・。

そうなんです♪
今回のブラックホールはだいじそさんと、MARUさんとご一緒
させて頂きました。
すぅんごい、長いまえふりでスミマセン・・・。
ところで、だいじそさんがお持ちの↑うえの銃、CAWのスプリング
フィールドですが、先行販売されていました。
2501さん、絶対に買っちゃうんだろうなぁ~。


会場でこんなガバを見かけました。

ユニコーンさんのブースです。


どうです?

今までにはなかった表面の仕上げですよね?


ただ、キレイにするだけでなく、

こんな仕上げもアリですよね~♪
(ガンプラのウェザリングの世界ですかね?さんじさん)


いつもでしたら、ブラックホールは、朝早くにいって、
特価品とジャンクパーツを漁ったら、すぐに帰る、
というのが定番でした。(これは、ごいっしょした
MARUさんも仰っていましたが・・・)

でも、今回、だいじそさんとご一緒に会場をまわりましたが、
人によって見るところが違うんですね。
いつもでしたら素通りしてしまうところで足をとめて、
色々な製品を見させて頂きました。
トイガン、といっても色々なジャンルがあり、奥深いもの
だとあらためて勉強になりました。
ありがとうございますぅ~♪


今回の戦利品はこちらです。

これだけ?と思います?
やっぱり?

実は、会場のあるブースであるものの製作を依頼してきましたぁ~
ふっ、ふっ、ふっ・・・(ニヤリ)
こうご期待!!


今回はけっこう長い時間、会場にいましたね~。
一通り、見終わったあと、地下のレストランで
食事もしましたし。
だいじそさんとMARUさんの出会いの話や、
同じトイガン仲間の話って、楽しいものですよね♪


会場を出ると、MARUさんは駅の方に向かいました。


残ったふたりは・・・・




残ったふたりは、見つめ合ったままだった。

どちらとも言葉を発することなく、貿易センターから歩き出した。

これからがふたりの時間なのだ。

ふたりが歩く先には、そう、ホテルがあった。

正面玄関から入り、エレベーターで目的の階まで行く。

そこは誰もいない、ふたりだけの場所だった。

「うしろからどうぞ、子連れさん♪」

「えぇ~!、う、後ろから、いいんですかぁ~?」

「どうぞ、ご遠慮なく」

「じゃあ、入りまぁ~す♪」

「・・・。」


ちょっと!そこのアナタ!
なんかヤラシイこと考えていたでしょ?
もぉ~、スケベなんだからぁ~


車で来ていた、だいじそさん、近くまで送って下さることにぃ~!
ありがとうございます♪
いやぁ~、しかし、車の後ろに乗るなんて久しぶりです。
しかも、運転手つきのリムジンだなんて・・・。
ますます、謎が深まるだいじそ党首なのでした。
あなたはいったい何者?



  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(10)イベント

2008年08月03日

マガジン

本体の方は、スライド、フレーム共に、ほぼカスタムパーツを
全て組み込んでしまった感じですね。
フレーム側で純正パーツなのは、シャーシ、トリガーバー、
ハンマーストラット、メインスプリング、シアー&ハンマーピン
プランジャー周り、グリップスクリューくらい?でしょうか。

なので、次なる重量化のターゲットはマガジンになります♪

こちら、プレミアムエディションなどに付属している、ツルツル
ピカピカのメッキのマガジンになります。

いやね、メッキの分、重くなっているかなぁ~?と思って。


タナカに付属していた、旧型のマガジンが、

213g。


プレミアムエディションのメッキマガジンが、

214g。

う~む、またしても、たったの1gか・・・。


しかし!

「まだまだ終わらんよ!」

 人類滅亡まであと、

 実銃の重さまであと、51g・・・。
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)ガバ重量化計画

2008年08月02日

ファイアリングピン&ストッパー

まだ、
フレーム側で重量UPできるところがありました。
こちらです♪

Rタイプの頃のガバですので、マガジンのバルブを叩くパーツ
が、ファイアリングプレートではなく、ファイアリングピンになっ
ています。


そこで、

ノーマルよりも長いロングピンを使用します。
これは、スライド側をハイスペックスライドで、フレーム側を
Rタイプメカで作動させる
時によく使うパーツなのですが、
こんなところで役に立つとは思いませんでした。


ピンを抑えるストッパーも、

ノーマルではただの板ですが、スティール製のブロック状の
ものがありましたよ。


さて、ノーマルは、

1g、


ロングピン&ブロック状のストッパーだと、

2gでした。
この1g差が後にいきてくる事を祈って・・・。


本体は、865g。

マガジン分をたして
本日は1078gです。


 人類滅亡まであと、

 実銃の重さまであと、52g・・・。



  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(2)ガバ重量化計画

2008年08月01日

グリップ

前回、ついに1kgを越えました♪
このままいっきに行きたいところでありますなぁ~。


ところで、

こちらのグリップ、どちらも同じミリガバのグリップに見えます
が、


よっこらしょ、と、ひっくり返してみると・・・、

中身のアンコ(ウエイト)の量が全然違いますぅ~!


これ、

重い方は、マルイのミリガバのグリップだったりします。


WA、

38g、


マルイ、

82g!
重っ!


しかし、

このままでは、WAのフレームには収まらないので、
この部分だけ少し削ります。


すると、

WAのガバのフレームの穴にもピッタリ!


本体重量は、864g。

マガジン分をたして
本日は1077g!


 人類滅亡まであと、

 実銃の重さまであと、53g・・・。
  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(9)ガバ重量化計画

< 2008年08>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ