2008年06月08日

『大五郎』(編集後記)

『アンリミテッド』、無事に終わりました・・・、

が、私にとってはこの「大五郎」を無事に組み上げたとこで
(タッキさんのところでも、特集して頂いております♪)
ほぼ、アンリミは終わったと言ってもいいかもしれません。
あ~でもない、こ~でもないと色々考えましたので。


なかでも、

一番頭を悩ませたのが、コンプの固定方法ですかね。フル
カバーのフレームで、WAのプロキラー3.9や、マルイ用の
アキュコンプなどでしたら、インナーバレル、コンプ、フレーム
をガッチリと固定できるのですが、シングルスタックの普通の
フレームでは、固定がしっかりとできません。
そこで、シングルフレームでもインナーバレルの固定が出来る
ように、ショートリコイルを無くして、インナーバレル、コンプ、
ロンリコでの固定を思いつきました。


なので、

子連れコンプは、ロンリコに穴が開いていて、コンプを固定
しているのであります。
しかしですね、ちゃんとした道具を持っていない私は、固い
素材であるステンレス製のロンリコに穴を開けることなど
出来ませ~ん。しかも、ただ穴をあければいいわけではなく、
コンプのセンター出しなどもあるので、加工するのであれば
本体ごと持ち込んでの加工となります。


そこで、

ご覧のような穴あけ加工をして頂きました。ミリブロでも
お馴染みの「秘密工房☆ホビース商会」の「くまおやぶん」
さんです。(ありがとうございました♪)
以前にも、グリップの裏側の加工をして頂いております。
お世話になってま~す。


通常のショートリコイルするモデルであれば、

スライドが下がると、バレルが傾いて上を向くので、ロンリコと
コンプが干渉しないように、コンプの下に、ロンリコの逃げの
溝が彫ってあります(ちょっとだけですけど)


ところが、

子連れコンプはショートリコイルしないので、そのままコンプと
ロンリコを取り付けてしまうと、コンプとロンリコが平行でない
まま固定されてしまいます。
なので、このようにコンプに溝を彫って頂きました。


こんな感じで、

ロンリコに合わせたアールに溝が彫ってあります。


この溝に、

ロンリコがピッタリと合って、


コンプと、

ロンリコがしっかりと固定されます。


ウィルソンコンプ+コマンダースライドの長さだと、

ジャスト!6インチのサイズになりました。


なので、

TED BLOCKERSのホルスターにもピッタリなのですね♪  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(6)リミテッドGUN

< 2008年06>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ