2008年03月07日

WAガバ ブリーチの外し方

さてさて、
WAのV10のカスタムに参りますが、

まずはスライド側から、いきますよぉ~。


と、その前に、

スライドからブリーチを外さなくてはいけません。Rタイプの頃は
ブリーチがネジ止めだったので、ネジを緩めて外すだけでよか
ったのですが、SCW(ハイスペック)になってからは、プラスチ
ックの弾性でもって、ブリーチを「パチンッ!」とはめ込むタイプに
と変わりました。メーカーとしては、部品を少なくすることと、組み
立てやすさ、というのは目指すところなのでしょうが、ユーザーに
とってはどうでしょうか?

と、言いますのは、
このブリーチの固定がけっこう硬くて、特にHW製のスライドだと
かなり外すのが辛いです。なので、ちょっとブリーチの外し方を
ご紹介です。(そんなの知ってるモン!て方は、スルーしてね♪)


まず、

スライドをこのように持って、両手でスライドを外側に開くように
引っ張り、


引っ張りながら、

エンジンのノズルの部分を押して下さい。かなりの力でスライド
を広げないと、押し出すことができません。


ちょっとだけ、動きました?

これくらい(スライドのレールの溝の部分から外れるくらい)、
ブリーチの部分が顔を出せばOKです。


スライドを後ろから見て下さい。

コレくらいのすき間が、スライドとブリーチの間に空いてますで
しょうか?


このすき間に、

マイナスドライバーを差し込みます。なるべく、大きいサイズの
ものが楽でいいでしょうね。


差し込んだら、

てこの原理で、よいしょっと、ブリーチの後ろ側を押し出して
下さい。


後ろ側、

コレくらいスライドから外れましたでしょうか?


ここまでくれば、

あとは簡単です。指でブリーチの後ろ側を下に押し出せば、


ブリーチはここまで出てきますよぉ~。



 ※追記:

 WA渋谷店に行った時に聞いた、外し方もあります。
 (WA公認でいいですかね?)


 その方法とは・・・


 ある道具を使うんですが・・・


 それがなんと・・・


 使う道具は、なんと!ドライヤーです!
 このドライヤーで、スライドを温めて、スライドを柔らかくして
 外すと言うのです!(ま、マジっすか~!)

 スライドのブリーチがハマっている後部をドライヤーで
 熱くします。どれくらい熱くするかというと、手で触って、
 「熱っ!」っていうくらい熱くします。

 そうするとスライドが柔らかくなり、ちょっとの力でスライド
 が広がり、あれだけキツかったブリーチがうそのように
 スルッ~と外れます。

 ブリーチを外したスライドは、そのまま放置しておくと、
 冷めて、元の硬さに戻ります。熱して広げたからと言って
 スライドが広がった状態で固まる、ということもありません。
 いやぁ~、今まで渾身の力を込めてスライドを広げていた
 のがうそのようです♪(スライド割ったこともありますし・・・)

 ドライヤーを使った方が、力技を使うことなく、
 無事にブリーチが外れましたので、コチラの方法をお勧めします♪




ちなみに、これと同じくらいしんどい、フレームからシャーシを
外す方法はこちらになります♪



  


Posted by 子連れ狼  at 00:02Comments(4)WA 分解

< 2008年03>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
子連れ狼
子連れ狼
オーナーへメッセージ